MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

あの電柱まで・・・

  • 2012.07.13

人生には、とてつもない大きな目標や先の長い目標に挑まなければならない時があります。 しかし、目標を達成しようと挑んでも、その底知れない大きさや長さに、呑み込まれ、挫折していまうかもしれません。     |あの電柱まで・・・   1968年に開催されたメキシコオリンピック…続きを読む

偶有性(ぐうゆうせい)

  • 2011.12.20

|不確実と確実の混在   一般的に楽観的なモノの考え方をする楽天家は、信用され難い傾向にあるかと思います。   しかし、人間の脳とは、元々は、楽観的にモノ事を考えるように出来ているらしいです。 確かに、モノ事を悲観的にばかり考えていたら、「うつ」の状態になってしまいます。 かと言…続きを読む

コミュニケーション「メラビアンの法則」

  • 2011.10.01

|コミュニケーションの必要性   組織は社会における機関であり、社会やコミュニティー、個人のニーズを満たすために存在します。 企業の場合は、それらのニーズを満足させ、顧客を創造することが目的となります。   この企業の理想の組織モデルを「人体組織」とする考え方があります。 その目…続きを読む

リスクマネジメント

  • 2011.10.01

|リスクマネジメント   企業において、事業の継続は顧客との大切な約束となります。 翻せば、事業を継続できなくなる要因を如何にして「リスクヘッジ」するかが重要となります。 「ヘッジ(hedge)」とは回避を意味する言葉ですが、ここでは回避に留まらず、予防や転嫁することにも適用されます。 &…続きを読む

たからもの

  • 2011.09.17

  人事異動で、仙台から、東京に勤務地が変わり、赴任、勤務しております。 異動に際しては、寂しい思い出もできました。   実は、仙台では、仕事の合間で少年柔道の指導をお手伝いしていたのです。 最初は、4人しか居なかった子供達も20人に増えました。     宮城…続きを読む

コミュニケーション「自己開示」

  • 2011.08.08

|コミュニケーション   組織は社会における機関であり、社会やコミュニティー、個人のニーズを満たすために存在します。 企業の場合は、それらのニーズを満足させ、顧客を創造することが目的となります。 そのため組織を構成する部署あるいは個人が、それぞれの機能を持ち、目的を達成するために「共依存関…続きを読む

守破離(しゅはり)

  • 2011.08.06

|基礎と基本   どんなに外観が素晴らしい住宅でも、基礎がいい加減だと、いずれ建物に歪みが生じてしまい、最悪、倒壊してしまいます。   基礎とは、建物の自重や建物に加わる荷重を地盤に伝え、建物を支える下部構造である土台の総称です。 ここから、物事の土台と客観的なものを総じて、基礎…続きを読む

マーケティング「新テイストの発想」

  • 2011.07.29

|プロダクトミックス   人間に寿命があるのと同様に製品にも寿命があります。 それを表現したのが、「プロダクト ライフ サイクル」です。   一般的には、「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」という4段階に分けられます。 製品がその「プロダクト ライフ サイクル」で最後に…続きを読む

コミュニティーの大切さ

  • 2011.06.21

|組織とは   人は、間違いなく一人で生きて行くことはできません。 時に人に助けられ、時に人を助けて、社会を形成しています。 それ故に、その目的にあった組織を形成します。   会社組織も個人の集合体であり、個人で成し得ることが出来ない目的を達成するために形成されます。 &nbsp…続きを読む

27 / 27« 先頭...1020...2324252627

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ