MENU

  • Facebook
  • Twitter

タグ:「塑性加工」の記事一覧

塑性加工「金型」

  • 2021.06.25
  • カテゴリ:製造|Manufacturing

|塑性加工   ベンカンの起源でもある溶接式管継手は、塑性加工技術にて1951年より生産を開始しました。 そして、その技術を流用することで、1975年よりモルコジョイント、1991年よりダブルプレスの生産へとつながっています。   塑性(そせい)加工」は、「対象の金属材料に大きな…続きを読む

プレス式継手の品質性能

  • 2021.03.02
  • カテゴリ:品質|Quality

|継手の品質性能   一般配管用ステンレス鋼鋼管対応継手は、ステンレス協会規格(SAS322)で規定されるいくつもの性能試験をクリアしなければ、ステンレス協会の認定品として承認を受けることができません。 逆に、ステンレス協会規格(SAS322)の認定品であれば、充分な品質性能を持ち合わせる…続きを読む

金属加工法「塑性加工」

  • 2019.12.02
  • カテゴリ:製造|Manufacturing

|塑性加工とは   金属加工法には、大きく分けて、「非除去加工」と「除去加工」があるとされております。   「非除去加工」は、切屑を出さない加工法で、「塑性加工」や「鋳造加工」、「溶接加工」などとなります。 対して、「除去加工」とは「切削加工」や「研削加工」に代表される様な切屑を…続きを読む

一般配管用ステンレス鋼鋼管「SUパイプ」製造工程

  • 2017.05.12
  • カテゴリ:製造|Manufacturing

|SUパイプとは   「配管」とは、「管や継手、バルブなどの機材・機器をトータル的に設計して、液体や気体といった流体を、目的箇所まで適切に配送するシステム」とベンカンでは定義づけております。   ベンカンがご提供させていただいている「ステンレス配管」の場合は、パイプが「SUパイプ…続きを読む

ステンレス鋼の前置記号

  • 2016.12.10
  • カテゴリ:知識|Knowledge

|スレンレス鋼の種類   錆びにくい鉄であるステンレス鋼とは、「クロムを10.5%以上含有させた鋼(鉄)」です。 その定義を守った上で、素材の含有成分や処理方法を変えることで、様々な用途に合った特性を持つステンレス鋼を作ることができます。 それは、主な含有成分によって、オーステナイト系、オ…続きを読む

ステンレス鋼の種類

  • 2016.08.15
  • カテゴリ:知識|Knowledge

錆びにくい鉄であるステンレス鋼とは、「クロムを10.5%以上含有させた鋼(鉄)」です。   その定義を守った上で、素材の含有成分や処理方法を変えることで、様々な用途に合った特性を持つステンレス鋼を作ることができます。   それは、主な含有成分によって、オーステナイト系、オーステテ…続きを読む

最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ