MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

規格の認定・認証

  • 2019.07.05

|標準化   事業が発展すると必ず必要となってくるのが、品質、性能、安全性、寸法、試験方法などの規格です。   規格(standards)とは、「標準化(standardization)」という共通のルール(取り決め)をまとめ、制定したものです。 その目的は、「自由に放置すると、…続きを読む

マネジメント「虫の目・鳥の目・魚の目」

  • 2019.07.01

|マネジメント   諸説ありますが、組織とは、「一定の共通目標を達成するために、成員(メンバー)間の役割や機能が分化・統合されている集団」(大辞林より)とされています。 故に、人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限界があるために…続きを読む

マーケティング「STP」

  • 2019.05.21

|環境分析   事業の動向に影響を与える様々な要因を「環境」と称します。 高度経済成長期には、モノ不足からもたされる「作れば売れる」時代が続きました。 そして、国際的にも日本の製造業の高い技術力が評価され「良いモノを作れば売れる」時代に遷りました。 しかしながら、現代では技術力だけに頼った…続きを読む

マーケティング「3C分析・バリュープロポジション」

  • 2019.05.15

|マーケティング   事業の動向に影響を与える様々な要因を「環境」と称します。 高度経済成長期には、モノ不足からもたされる「作れば売れる」時代が続きました。 そして、国際的にも日本の製造業の高い技術力が評価され「良いモノを作れば売れる」時代に遷りました。 しかしながら、現代では技術力だけに…続きを読む

マーケティング「セグメンテーション」

  • 2019.05.12

|環境分析   事業の動向に影響を与える様々な要因を「環境」と称します。 高度経済成長期には、モノ不足からもたされる「作れば売れる」時代が続きました。 そして、国際的にも日本の製造業の高い技術力が評価され「良いモノを作れば売れる」時代に遷りました。 しかしながら、現代では技術力だけに頼った…続きを読む

マネジメント「読む・インプット」

  • 2019.05.03

|能力の差は、意識の差。   どんなに高いスキルや豊富なナレッジを持っていたとしても、それを発揮できなければ宝の持ち腐れでしかありません。 しかし、発揮するのが思いのほか難しいのが人です。   能力の差は、意識の差であるといえます。 能力とは、成し遂げることが出来る力。やり抜く力…続きを読む

ステンレス配管のベンカン

  • 2019.05.01

|企業の目的   マネジメントで知られるピーター・F・ドラッカー氏は、その著書の中で、「マネジメントは、組織に特有の使命、すなわち、それぞれの目的を果たすために存在する。」と示しております。 そして、組織である企業にとっての目的を「企業の目的の定義は一つしかない。それは顧客を創造することで…続きを読む

製造業のアーキテクチャ

  • 2019.04.18

|アーキテクチャ   一般の方々には聞きなれない用語かもしれませんが、「アーキテクチャ(architecture)」とは、建築そのものや建築構造、建築様式、建築学、建築術など基本的な設計思想のことを指します。   最近では、構築の概念から、経営における基本的な事業設計の思想や概念…続きを読む

アライアンス戦略

  • 2019.04.17

|環境変化への対応   グローバル・ビジネス環境を、1990年頃から使われた軍事用語であるVUCA(ブーカ)環境と表現するケースがあります。 Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)、それぞれの頭文字か…続きを読む

アンカリング効果の活用

  • 2019.04.17

|アンカリング   人間心理には、最初もしくは同時に提示された特定の特徴や数値などの情報が印象に強く残る傾向があります。   そして、その印象が強いと、それが条件づけとなってしまいます。 特に情報が不十分な場合には、特定の情報を断片的に重視しすぎる傾向もあります。 そうなると、そ…続きを読む

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ