MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

価値を売る。

  • 2017.10.18

|事業価値の拡大   ベンカンにとって、その利益の根源は、売上であり、製品の販売です。 その主要市場である建築設備業界には、同等の機能を持った製品が多数存在しています。 その状況下で単なる製品の販売競争となれば、最も、短絡的なのが価格を下げることになります。 しかし、限られた市場での価格の…続きを読む

BCP「外来生物危機」

  • 2017.10.10

企業として、BCPおよびBCMは、重要な使命の一つです。 BCP(事業継続計画:Business Continuity Plan)とは、緊急事態に遭遇した場合においても、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時から計画を策定することです。 また、そのBCPを運用、見直しまでを司…続きを読む

海外市場の開拓

  • 2017.10.05

ベンカンの事業内容は、「ステンレス配管に特化したメカニカルジョイント等の管工機材製品の開発・製造・販売」です。 「アンゾフの成長マトリクス」で言えば、既存の市場は建築設備市場と言われる部分の給水・給湯配管です。   今後は、この市場に対するステンレス配管の価値提案力を更に強化して需要を浸透…続きを読む

LED(発光ダイオード)

  • 2017.10.01

企業価値の創造とは、バリュープロポジションと呼ばれる独自の強みを開発することにあります。 製造業である場合は、技術的なバリュープロポジションを持つことが特に重要視されます。   マーケティング「バリュープロポジション」     近年、日本の製造業にとっての代表的な事例の…続きを読む

子育て・親育て

  • 2017.09.29

どんな人にも、必ず、自分を産んでくれた親、自分を育ててくれた親がいます。 そして何れ、縁があれば、自分の子を産んだり、育てる機会に恵まれます。 「親の心子知らず」 子供の頃は、口うるさい親を煙たがっていた自分が、いざ、親になると口うるさかったりします。 それも、なにも、親として子を想う心からのもので…続きを読む

アカデミックな活動と目的

  • 2017.09.26

ベンカンにおいては、1975年に発売した「モルコジョイント」は、国が発明を保護する特許制度により特許権を得た製品です。 しかしながら、現在は該当期間の満了により、模倣製品が複数存在しております。 ビジネスにおいて、ある意味、模倣策は常套手段ですので、これ自体を否定することは出来ません。 それ故に、製…続きを読む

コミュニケーション「ラジカル・フィードバック」

  • 2017.09.19

|コミュニケーションの必要性   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限界があるために、何らかの組織を形成します。 そして、それぞれの組織は、それぞれ特有の目的を果たすために、社会の中で様々な活動を繰り広げます。 しかし、組織が…続きを読む

マーケティング「パレートの法則」

  • 2017.09.13

|環境変化への対応   現在、ベンカンは、「ステンレス配管のベンカン」を宣言し、その事業内容は、「ステンレス配管に特化したメカニカルジョイント等の管工機材製品の開発・製造・販売」としております。 対して、企業理念であるミッションは、「現在だけでなく未来を考えた 配管の開発と供給を通して信頼…続きを読む

コミュニケーション「ホールパート法」

  • 2017.09.10

組織におけるコミュニケーションは決して簡単ではありません。 それは、無意識に情報を、ミスコミュニケーションの原因とも言われる「省略」、「歪曲」、「一般化」にしてしまうためです。 つまり、情報を自己判断で「省略」したり、思い込みで「歪曲」させたり、一部の情報をあたかも全てであるかの如く「一般化」させて…続きを読む

ベトナムグルメ

  • 2017.09.05

ベンカンでは、バリューチェーンの最適化と向上に努めており、そのため100%内製化に向けた取り組みを推進しています。 一昨年は、中国の協力業者に委託していた生産契約を解消させました。   バリューチェーンの最適化と向上   そして、その部分を担うのが、ベトナムにある「BV1工場」で…続きを読む

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ