MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

サテライト配管システム

  • 2017.12.15
  • カテゴリ:施工|Construction

|設計と配管仕様   建築における諸要求や諸条件を調整して、一定の構想のもとに建築造形を具体化するのが設計です。   具体的には、建築実施までに掛かる過程を一般的には企画、調査、基本構想 (計画) 、基本設計、実施設計となります。 また、工事監理のフローに基づいた設計図、仕様書、…続きを読む

不凍液への適用

  • 2017.10.19
  • カテゴリ:施工|Construction

|ブラインとは   ステンレス配管は、その優れた特性から様々な用途にご採用いただいております。 対して、ベンカンのステンレス配管に対応するメカニカルジョイントの場合は、一般配管の給水、給湯、空調配管でご採用いただくのが殆どです。   勿論、ステンレス配管ですので、様々な用途に採用…続きを読む

迷走電流腐食

  • 2017.09.21
  • カテゴリ:知識|Knowledge

ステンレス鋼が「錆びにくい鋼」である最大の特徴は、「不動態皮膜」と呼ばれる薄い保護皮膜により表面が守られていることが要因です。   錆にくいステンレス鋼の特性   しかしながら、その使用環境や管理方法によっては、腐食してしまう場合もあります。   例えば、直流電流を使用…続きを読む

コミュニケーション

  • 2017.09.17
  • カテゴリ:経営|Management

|コミュニケーションの必要性   組織は社会における機関であり、社会やコミュニティー、個人のニーズを満たすために存在します。 企業の場合は、それらのニーズを満足させ、顧客を創造することが目的となります。   この企業の理想の組織モデルを「人体組織」とする考え方があります。 その目…続きを読む

危険物取扱者

  • 2017.09.11
  • カテゴリ:製造|Manufacturing

|危険物の分類   危険物の概念は幅広いものとなりますが、消防法、毒物及び劇物取締法、高圧ガス保安法、労働安全衛生法、火薬類取締法など、法律によって特定の危険物が定められております。   ベンカンの事業で関係するのは、消防法でいう火災に原因となる可能性がある「危険物」となります。…続きを読む

経営戦略

  • 2017.08.29
  • カテゴリ:経営|Management

|軍事的な意思決定   戦争は勿論、否定しますが、現代社会の多くの場面で戦争を例えた考え方は少なくありません。 例えばビジネスの世界でも、多用されています。 その典型が、「戦略」や「戦術」であり、明らかなる軍事用語です。   ランチェスター戦略   軍事的な意思決定は、…続きを読む

ステンレス鋼の成分識別

  • 2017.08.22
  • カテゴリ:品質|Quality

|ステンレス鋼とは   ステンレスは英語でstainless steelと言い、直訳すればステンレス鋼となり、これが日本での正式名称となります。   stainlessとは「さびない」と言う意味です。 厳密には「さびにくい」という意味も含まれます。   ステンレスは鉄(…続きを読む

労働安全衛生法

  • 2017.08.15
  • カテゴリ:経営|Management

企業などの事業者の責任として、「労働災害」の防止に取り組むための事項が定められているのが、「労働安全衛生法」です。   第2条の1に「労働災害」が定義されています。 「労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病…続きを読む

ベンチマーキング

  • 2017.07.25
  • カテゴリ:経営|Management

|改革や革新   改革や革新という言葉を良く耳にしますが、この言葉で尻込みする人も少なくないかもしれません。 しかし捉え方ですが、改革は規模の大きな改善であり、革新は規模の大きなアイデアではないかと思います。 情報化時代の現代、参考にすべき事例がたくさんあります。 例えば、「アイデアとは、…続きを読む

コンピテンシー評価

  • 2017.07.11
  • カテゴリ:経営|Management

|環境と人事評価の遷移   高度経済成長期には、モノ不足からもたされる「作れば売れる」時代が続きました。 当時の様に経済は常に右肩上がりに成長していくものだと信じられ、また、現実にそうなっていた時代では、人事制度を大きく変更する必要性はありませんでした。 結果的に、当時の人事制度の目的は、…続きを読む

最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ