MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

袋ナット緩み抑制機能「BKジョイントⅡ」

  • 2018.08.02
  • カテゴリ: 製品|Products

|配管環境の変化

 

一般配管の定義とは、例えば、一般配管用ステンレス鋼鋼管(JIS G 3448)の場合、建築設備向の給水、給湯、空調(冷水・温水・冷温水)および、それらに準じた、その他の配管用として規格化されています。

しかしながら、時代の変化によって、一般建物や設備に求められる環境も変わり、結果的に、一般配管に対する環境条件も変わってきました。

 

例えば、給湯配管では、自然冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート等)の様な熱源機器類の性能向上から、供給温度を高く設定できるようになってきました。

それらの配管環境の変化から、10年前では問題のなかった配管に、何らかの問題を発生させてしまうという事案も出てきました。

 

 

|袋ナット緩み抑制機能

 

現代は、何が起きるか分からない時代ですので、あらゆるケースを想定した危機管理体制が求められています。

また、危機管理の中には、未然に問題発生を防ぐと言うリスク管理の考え方もあります。

この度、長年、ご愛顧いただいてまいりました従来製品「BKジョイント」をモデルチェンジしました。

新発売となりました一般配管用ステンレス鋼鋼管対応の拡管式継手「BKジョイントⅡ」は、袋ナット緩み抑制機能を加えた製品となります。

 

 

 

一般配管用ステンレス鋼鋼管対応の拡管式継手は、パイプ側に装着された袋ナットを継手本体にねじ込み、メタルタッチすることで接合が完了します。

袋ナットは、完全に締め切ることによる、本体とのメタルタッチにより緩みを抑制する構造となっております。

 

しかしながら、配管環境によっては、振動が大きいなどの問題があるために、より緩み抑制機能を高めることが求められました。

「BKジョイントⅡ」の袋ナットには、その先端に特殊な「返し」を設けております。

それにより、仮に袋ナットがメタルタッチされていなかった場合や何らかの原因で緩もうとした場合、「返し」が樹脂製の確認リングに掛かることで緩みを抑制する働きをします。

 

▲袋ナットの緩み抑制機能構造

 

その他、シール材の形状を変更しております。

「BKジョイントⅡ」のシール材は、多岐項目に渡って優れているとされる高機能フッ素ゴム製のゴムリングを採用しております。

また、ゴムリングの耐久性能は、経年による圧縮永久ひずみと連動することから、経年による圧縮永久ひずみを小さくし、より安定したシール性を発揮させることを追求いたしました。

結果、袋ナットを本締めした際に、最も優れた耐久性が期待できる形状として、従来製品の真円から楕円形状に変更させると共にシール材の容量を高めております。

 

 

|性能確認と発揮

 

「BKジョイントⅡ」を製造するMJ工場(群馬県太田市)では、ユーザー様立ち合いの性能確認試験を実施しております。

性能確認試験では、従来製品と比較した「袋ナットの緩み抑制機能」の性能確認試験を実施することが可能です。

その他、ご要望により、様々な試験の実施を検討させていただきます。

 

また、どんなにメカニカルジョイントに付加価値機能を加えても、それが発揮されるには、それぞれの要領に則った施工が前提となります。

そのため、工事現場では、必ず作業者の皆様を対象とした施工講習会を実施させていただいております。

その上で、メカニカルジョイント側の付加価値として、袋ナット緩み抑制機能を備えたのが、「BKジョイントⅡ」となります。

 

「BKジョイントⅡ」の性能確認試験への立合いや施工講習会の実施に関するご用命など、詳しくは、最寄りの営業所にお問合せ下さい。

施工講習会の実施

 

Phone 皆様の声

Takehiko Wagatsum


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ