MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

WEB登録

タグ:「モルコジョイント」の記事一覧

アプリによる施工管理

  • 2023.11.10
  • カテゴリ:提案|Proposal製品|Products知識|Knowledge

|プレス式継手と施工管理   工事現場において安全、品質を確保する上で施工管理は欠かせません。 配管工事も同様、さまざまな建物で必ず必要となる一方で、何百、何千箇所もの接続箇所があります。 確認作業も人の手や目視だけではチェック漏れのリスクも考えられます。   ベンカンの主力製品…続きを読む

専用締付工具「種類&使用範囲」

  • 2023.10.20
  • カテゴリ:製品|Products

|プレス式継手の専用締付工具   ベンカン製品には5種類のプレス式継手が存在しています。 1975年に発売を開始した「モルコジョイント」を筆頭に、セーフティー機能を搭載した「ダブルプレス」、銅管対応の「CUプレス」、樹脂管対応の「JPジョイント」、そして2023年10月に販売を開始した「冷…続きを読む

施工上の注意(プレス式工法)

  • 2023.08.29
  • カテゴリ:施工|Construction

|アフター管理   品質とは、本来備わっている製品の性能であって、それを満たしていることです。 それ故に、品質保証に関しても、製品に起因することだけに焦点が当たる傾向にあります。逆に、その品質が備わっていなければ、顧客が求める製品と合致しないことになります。 ベンカンでは、TQM(総合品質…続きを読む

ダブルプレスとモルコジョイントの違い

  • 2022.09.10
  • カテゴリ:製品|Products

|プレス式継手とは・・・   ベンカンがプレス式継手である「モルコジョイント」を製造、販売開始したのは1976年であり、40年を超えるロングセラー製品となりました。 そもそもは、ユーロッパで普及していたプレス式継手の技術を国内に導入した経緯は、従来、プラント配管などの特殊な施設にしか使用さ…続きを読む

性能確認試験「水圧試験」

  • 2021.11.09
  • カテゴリ:品質|Quality

|ステンレス協会規格SAS322規定試験   ステンレス協会は規格製品の普及、品質の安定・向上及び製造・加工などの技術向上に寄与することを目的として、規格認定制度を1989年に設けています。 この規格認定制度により、SAS322(一般配管用ステンレス鋼鋼管の管継手性能基準)に基づく審査を合…続きを読む

絶縁コートフランジとラップ付短管の選定

  • 2021.04.28
  • カテゴリ:製品|Products

|ガルバニック腐食 その中の一つが「絶縁コートフランジ」であり、「ラップ付短管」です。   ■絶縁コートフランジ(CF)   絶縁を目的に使用するフランジで、SS400の10Kルーズフランジに絶縁体としてナイロンコーティングを施しています。   絶縁コートフランジ(CF…続きを読む

短管付バルブ(共通製品TB・TG)

  • 2021.04.09
  • カテゴリ:製品|Products

|バルブの役割   バルブとは、水や油などの液体や空気やガスなどの気体が通る配管内で、流体の制御や流量調節を行う可動機構を持つ機器の総称です。 バルブは、給水、給湯、ガス、空調から石油、化学、食品などの産業分野まで、あらゆる配管に接続されており、それぞれの流体の流れを制御することで、様々な…続きを読む

プレス式継手の品質性能

  • 2021.03.02
  • カテゴリ:品質|Quality

|継手の品質性能   一般配管用ステンレス鋼鋼管対応継手は、ステンレス協会規格(SAS322)で規定されるいくつもの性能試験をクリアしなければ、ステンレス協会の認定品として承認を受けることができません。 逆に、ステンレス協会規格(SAS322)の認定品であれば、充分な品質性能を持ち合わせる…続きを読む

品質性能確認試験「振動試験」

  • 2021.02.18
  • カテゴリ:品質|Quality

|振動試験(ステンレス協会規格 SAS322準拠)   ステンレス協会では「一般配管用ステンレス鋼鋼管の管継手性能基準:SAS322」を制定しています。 協会(SAS322)の認定を受けるには、その性能基準を満たすために様々な試験をクリアする必要があり、その一つに振動試験があります。 &n…続きを読む

立管改修工事「パイプインパイプ工法」

  • 2021.02.08
  • カテゴリ:施工|Construction

|持続可能な住まいづくり   ヨーロッパでは、既存の建物を現代の入居者のニーズに合わせた大掛かりな改修工事(リノベーション)が進んでいます。 古くてもきちんと手入れをされた建築物は、新築よりも価値があるとされる国は多くあり、スクラップ&ビルド社会の日本とは対照的とも言えるでしょう。 &nb…続きを読む

1 / 212

最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ