MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

コミュニケーション「会議」

  • 2018.12.26

|組織の三要素   組織とは、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」と定義したのは、アメリカの経済学者であるチェスターバーナードです。   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限界…続きを読む

マーケティング「SWOT分析」

  • 2018.12.18

|環境分析   企業の事業の動向に影響を与える様々な要因が環境です。 それ故に事業の成長戦略を推進する上では、内的環境である自社のプラス要因(強み)やマイナス要因(弱み)を把握し、外的環境であるビジネスチャンス(機会)や競合他社などからの脅威などの状況を把握するために「環境分析」が必要とな…続きを読む

マーケティング「PEST分析」

  • 2018.12.18

|外部環境   破竹の勢いで躍進して来た企業やカリスマ経営者が、驚く程にあっけなく衰退したり姿を消してしまう事例は少なくありません。   事業の動向に影響を与える様々な要因を「環境」と称します。 環境も大きく分けて外部環境と内部環境があります。 自社の努力次第となってしまうのが「…続きを読む

プラシーボ効果

  • 2018.12.14

|ネガアティブな勘違い   ビジネスにおけるマネジメントと言えば、目標の達成です。 しかし、最初からマクロ的な目標達成を掲げても対策を講じることは困難です。 そこで、課題を論理的に分解し、より具体的な行動に落とし込みます。 まず、目標をKGI(Key Goal Indicator:キー ゴ…続きを読む

コミュニケーション「ポジション・チェンジ」

  • 2018.12.07

|コミュニケーション   人が一人で成せる事には限界がある故に、組織の存在意義が高まります。 そのために、組織では、そこに属する一人一人が互いに円滑なコミュニケーションを取り、協力し合おうとする意志が欠かせません。   コミュニケーションを阻害する要因には、省略、歪曲、一般化があ…続きを読む

サクセスフル・エイジング

  • 2018.12.05

|労働力人口の不足   日本の「労働力人口」は、今後も大幅な減少傾向にあると見込まれています。 「労働力人口」とは、15歳以上の就業者だけではなく、仕事に就いていなくとも求職活動を行っている失業者の方も含まれます。   内閣府が2014年に発表した「2060年に向けた長期の労働力…続きを読む

マーケティング「イノベーター理論」

  • 2018.11.30

|イノベーター理論とは   新しい製品やサービスを市場に投入してから普及(100%)するまでの時間(タイムライン)において消費者をタイプ別に分類する「イノベーター理論」を、1962年に米・スタンフォード大学の社会学者であるエベレット・M・ロジャース教授(Everett M. Rogers)…続きを読む

為せば成る!「大畑大介」さん

  • 2018.11.22

|岐路の選択   誰にでも人生を左右する大きな岐路が、一つや二つあるはずです。 その時に、どちらを選択するかで、その後の、その人の人生を大きく左右してしまうかもしれません。   ラグビーの元日本代表である大畑大介さんの講演会を聴くことができました。 大畑さんは、小学校3年生からラ…続きを読む

マーケティング「プロダクト ライフ サイクル」

  • 2018.11.15

|プロダクト ライフ サイクルとは   発達心理学者で、精神分析家のエリク・ホーンブルガー・エリクソン(米, 1902年 – 1994年)は、その著書の中で人生(ライフサイクル)を乳児期、幼児期初期、幼児期、学童期、青年期、成人期初期、成人期、老年期の8つの段階に分け、それぞれ…続きを読む

マーケティング「ニーズの変化」

  • 2018.10.31

|環境の変化   高度経済成長期には、モノ不足からもたされる「作れば売れる」時代が続きました。 そして、国際的にも日本の製造業の高い技術力が評価され「良いモノを作れば売れる」時代に遷ります。 しかしながら、技術力だけに頼ったビジネスモデルでは、既に限界を迎えていることは明らかとなってきまし…続きを読む

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ