MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

オレ流「落合博満」さん

  • 2019.11.26

|オレ流   元プロ野球選手の落合 博満さんの講演会を聴く機会に恵まれました。   プロ野球において、様々な名選手がいらっしゃいますが、この方ほど、自分の流儀を大切にされた方はいらっしゃらないのかと思います。 まず、相当の素質を持ちながら、高校は、甲子園常連校ではなく無名の学校に…続きを読む

マネジメント「目的・目標・課題」

  • 2019.11.23

|マネジメント   組織とは、共通する目的を達成するために情報を共有して貢献し合う個の集まりです。   故に、その組織の成員である個々は例外なく、共通目的を達成するために行動しなければなりません。 ところが、その個々のスキルや意識などにバラつきがあるのも事実です。 そのため組織が…続きを読む

リスクマネジメント「ヒアリ危機問題」

  • 2019.10.29

|リスクマネジメント   企業において、事業の継続は顧客との大切な約束となります。 翻せば、事業を継続できなくなる要因を如何にして「リスクヘッジ」するかが重要となります。 「ヘッジ(hedge)」とは回避を意味する言葉ですが、ここでは回避に留まらず、予防や転嫁することにも適用されます。 &…続きを読む

ベトナムの観光地

  • 2019.10.28

|ベトナム文化   ベンカンの製造拠点の一つであり、100%子会社であるベンカン・ベトナムは、ベトナムを代表する商業都市ホーチミン市から西へ約40kmに位置するロンアン省の工業団地内にあります。 ホーチミン市は人口800万人以上をかかえる、古くからのベトナムの経済的中心地であり、そのGDP…続きを読む

ベンカン・ベトナム見学研修会

  • 2019.10.21

|ベンカンのミッション   ベンカンの主な事業内容は、ステンレス配管に特化したメカニカルジョイント等の管工機材製品の開発・製造・販売です。 その上で次のようなミッションを掲げております。   現在だけでなく 未来を考えた配管の開発と供給を通して 信頼あるライフラインの構築をご提案…続きを読む

マーケティング「市場の耕起」

  • 2019.09.20

|土壌を耕起する   耕起(こうき)とは、農業において、そのままでは作物の栽培に適さない土壌に対して、掘り起こしたり、反転させることです。 それによって、表土を破砕して土壌を柔らかくし、乾土効果をもたらすことを目的としています。 また雑草の除去や、有機物の分解促進、土壌の団粒化の促進、土壌…続きを読む

マネジメント「部下力」

  • 2019.09.17

|エンパワーメント   個人が発揮できる能力の可能性は無限であると論じたいところではありますが、様々な制約があり、現実は限界があります。 それが故に個人は組織を形成します。 組織とは、個人の集合体であり、能力の集合体です。 個人では成し得ることができなかったことを実現するためのものです。 …続きを読む

マーケティング「展示会の価値」

  • 2019.09.10

|展示会出展の目的・目標   一度に多くの方が来場される展示会は、お客様に価値提案できる最大の場であることは間違いありません。 しかしながら、目的意識を持って取り組まないと、ただ予算を消費するためだけの展示会になりかねません。   まず展示会出展の目的をあげると、以下のようなもの…続きを読む

能力の差は、意識の差。

  • 2019.08.16

|スキルとは   人には持って生まれた資質、つまり才能があります。 この才能が優れた人を天才と呼ぶのかと思います。 しかし、実際には、トーマス・エジソンの「天才は、1%のヒラメキと99%の努力」でもあるように、才能だけで物事の優劣が決まるものではありません。   才能は開花させる…続きを読む

組織論「セクショナリズム・エゴイズム」

  • 2019.07.22

|組織とは・・・   組織とは、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」と定義したのは、アメリカの経済学者であるチェスターバーナードです。   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限…続きを読む

2 / 1912345...10...最後 »

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ