MENU

  • Facebook
  • Twitter

タグ:「バリュープロポジション」の記事一覧

ステンレス配管のベンカン

  • 2019.05.01

|USP(Unique Selling Proposition)   企業は社会的機関の一員である以上、社会やコミュニティ、顧客のニーズを満足させるために存在することに意義があります。 その意味でも企業は、常にターゲットである市場や顧客、および課題の定義が出発点であることを認識しなければな…続きを読む

営業パーソンの課題

  • 2018.06.20

|マーケティングの目的   企業にとってマネジメントは欠かせない機能であり、そのマネジメントにとって、「マーケティング」は無視できない時代となりました。 しかしながら、未だに日本では、「マーケティング」のことを複雑に考えられており、市場調査のことだとか、営業だけのことだとか誤って捉えられて…続きを読む

専用工具のリース体制

  • 2018.04.05

|メカニカルジョイント   メカニカルジョイント(mechanical joint )とは、「機械式」接合の「管継手」のことです。 特徴は、ゴムシール材等の密着によって接合部の止水を行う構造や専用工具等を使用して接合することで、接合品質の均一性が可能なところです。 ベンカンでは、ステンレス…続きを読む

マーケティング「価値を売る。」

  • 2017.10.18

|事業価値の拡大   ベンカンにとって、その利益の根源は、売上です。 売上高とは、販売単価と販売個数の要素で構成されます。(戦略MQ会計より)   その主要市場である建築設備業界には、同等の機能を持った製品が多数存在しています。 ある意味、限られた市場の中で、売上を高めなれればな…続きを読む

LED(発光ダイオード)

  • 2017.10.01

|バリュープロポジション   企業価値の創造とは、バリュープロポジションと呼ばれる独自の強みを開発することにあります。 製造業である場合は、技術的なバリュープロポジションを持つことが特に重要視されます。 それは、各企業独自の強みであったり、地域独自の強みであったり、その国の強みであったりし…続きを読む

マーケティング「パレートの法則」

  • 2017.09.13

|環境変化への対応   現在、ベンカンは、「ステンレス配管のベンカン」を宣言し、その事業内容は、「ステンレス配管に特化したメカニカルジョイント等の管工機材製品の開発・製造・販売」としております。 対して、企業理念であるミッションは、「現在だけでなく未来を考えた 配管の開発と供給を通して信頼…続きを読む

環境変化への対応力

  • 2017.05.01

|ベンカンの原点   ベンカンとしての原点である「継手」は、「溶接式管継手」となります。   国内では、1940年代に始まった日本造船業界の活況に合わせて配管継手である「溶接式管継手」の需要も高まりました。 「溶接式管継手」とは、パイプと突き合わせて溶接する方式であり、極めて信頼…続きを読む

技術者に求められるもの

  • 2017.01.10

国土が狭く、天然資源が決して豊富でもない日本にとって、その国力を支えているものは何かです。 戦後の高度成長は正に人が支え、人が後押し、牽引した成果であり、その典型が諸外国からも認められる優れた技術者たちの存在でした。   誰もが知り、誰もが認める技術者と言えば、パナソニック株式会社の創業者…続きを読む

角を矯めて牛を殺す

  • 2016.11.27

|ティーチング   従来の日本の学校教育のスタイルは、教師のことをティーチャー(teacher)と呼ぶことからも「ティーチング」だと言われています。 「ティーチング」は、学校教育だけではなく、企業などの組織における人材育成、あるいは生涯教育など教育手法の代名詞的に一般的に使われて来ました。…続きを読む

5S活動の意義(MJ工場)

  • 2016.08.09

ベンカンのミッションは、「現在だけでなく未来を考えた 配管の開発と供給を通して、信頼ある ライフラインの構築をご提案すること」です。 この実現のためにMJ工場の工場長として何ができるのか、何をしなければならないのか、何をすべきなのか、そもそも、工場とは「モノづくり」以上に「価値づくり」する場であるの…続きを読む

1 / 212

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ