MENU

  • Facebook
  • Twitter

タグ:「ダブルプレス」の記事一覧

【御礼】第19回管工機材・設備総合展 OSAKA 2019

  • 2019.09.18

|管工機材・設備総合展OSAKA   管工機材業界において、西日本最大規模の展示会「第19回管工機材・設備総合展 OSAKA2019」が9月12日・13日・14日の三日間、インテックス大阪・6号館Aにて開催されました。 15,000人を超えるお客様がご来場され、大盛況のうちに終了しました。…続きを読む

管工機材・設備総合展 OSAKA 2019 出展のお知らせ

  • 2019.08.05

|管工機材・設備総合展   国内最大規模の管工機材・設備総合展が6月11日・12日・13日で東京ビッグサイト青海展示棟で開催されました。 主催者発表では、3日間の来場者は、15,193名だったとのことです。 お陰様で、ベンカンのブースにも多くのお客様にお立ち寄りいただくことができました。 …続きを読む

「2019東京みらい市」のご案内

  • 2019.08.05

|展示会「2019東京みらい市」   毎年、全国各地で開催される大型展示会が「みらい市」です。 開催のコンセプトともいえるのが、「7つのみらい」と呼ばれる「エコエネルギー」、「リフォーム・中古住宅流通」、「健康・快適」、「安全・安心」、「地域活性化」、「グローバル化」、「IT活用」のテーマ…続きを読む

専用締付工具「BPN-19R型」新発売

  • 2019.06.28

|モデルチェンジのお知らせ   プレス式継手であるモルコジョイント、ダブルプレス、JPジョイントは、専用締付工具でプレスすることでパイプと20秒程度でスピーディーかつ均一に接続することができます。 反面、専用締付工具のコンパクト化は、多くのユーザー様からのご要望であり、重要な課題でした。 …続きを読む

第51回 管工機材・設備総合展(東京)のご案内

  • 2019.04.26

|業界最大規模の展示会   国内における業界最大規模の展示会といえば、東京で開催される「管工機材・設備総合展」です。 今年の出展規模は、ベンカンを含めた159社の予定です。 テーマは「豊かな未来を 技術で創る・・・ 設備展!」となっております。 今年は例年よりも、少し早い時期の開催されるこ…続きを読む

ダブルプレス専用・締付工具「BPN-16R型」

  • 2018.03.26

|ダブルプレス専用がラインナップ   一般ステンレス鋼鋼管対応のプレス式継手である「ダブルプレス専用」の接合に使用される締付工具「BPN-16R型」が発売となりました。   クリック[拡大]   従来の締付工具「BPN-16R型」は、「モルコジョイント専用」、「JPジョ…続きを読む

消火設備用メカニカルジョイント「鉄鋼新聞」掲載

  • 2017.06.26

ベンカンでは、消火設備配管に対して、ステンレス配管によるご提案を積極的に行っております。 先行して、拡管式の「BKジョイント」が消防認定を取得して販売しておりましたが、この度、プレス式の「ダブルプレス」においても消防認定が取得でき、7月より本格販売を開始します。 消火設備用「ダブルプレス」 販売開始…続きを読む

消火設備用「ダブルプレス」 販売開始のご案内

  • 2017.05.09

防災意識が高まる中で、消火設備において、「サステナブル配管」である「ステンレス配管」の需要が高まっております。   ベンカンと致しましては、一般配管用ステンレス鋼鋼管「SUパイプ」が、日本工業規格JIS G 3448 として消防法にて使用が認められております。   また、グループ…続きを読む

テレビコマーシャル(中国・上海)

  • 2016.04.20

「ステンレス配管のベンカン」の事業ドメインは、日本国内ばかりではありません。 海外では、特にアジア圏での普及に努めており、その中の一つが中国市場となります。 経済停滞が懸念される中国ですが、それでも大きな市場であることには変わりません。 ベンカンとしては、廉価配管が横行する中で決して高いシェアを確保…続きを読む

新発売「専用締付工具BPD-15R型」

  • 2015.04.01

  メカニカルジョイントのプレス式継手(モルコジョイント・ダブルプレス・CUプレス・JPジョイント)の施工には、専用締付工具が必要となります。   この度、「BPD-15R型」を2015年4月1日より新発売いたしました。   発売から約10年ほど経ちます充電式タイプの「…続きを読む

1 / 212

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ