MENU

  • Facebook
  • Twitter

ニュースリリース

管工機材・設備総合展 OSAKA 2019 出展のお知らせ

  • 2019.08.05

|管工機材・設備総合展

 

国内最大規模の管工機材・設備総合展が6月11日・12日・13日で東京ビッグサイト青海展示棟で開催されました。

主催者発表では、3日間の来場者は、15,193名だったとのことです。

お陰様で、ベンカンのブースにも多くのお客様にお立ち寄りいただくことができました。

 

実は、この管工機材・設備総合展ですが、東京では毎年開催されておりますが、大阪と名古屋で交互に開催されおります。

そして、今年は、大阪での開催の年となります。

 

【御礼】第51回管工機材・設備総合展

 

 

|大阪が熱い

 

大阪といえば、2025年に「大阪万博(日本国際博覧会)」の開催が控えています。

東京オリンピックが終われば、次は、「大阪万博」に向けて、沸くのかと思います。

また、先般、6月28日・29日には「G20大阪サミット」が開催され、貿易・投資、WTO(世界貿易機関)改革、地球環境問題、デジタル掲載などの世界経済の現状と対処策が協議されました。
実は、今年の管工機材・設備総合展の大阪会場は、「G20大阪サミット」の会場ともなった大阪インテックスです。

こんな国際的にも注目された会場で開催される展示会ですので、当然、熱く盛り上がります。

 

 

「第19回管工機材・設備総合展 OSAKA 2019」

日程:2019年9月12日(木)、13日(金)、14日(土)

時間:10:00~17:00(但し、14日は16:00まで)

会場:インテックス大阪 6号館A 大阪市住之江区南港南1-5-102

ベンカン・ブース:(ベンカン機工共同出展)

 

 

|ベンカンとは・・・

 

今年のベンカンの出展テーマは、ベンカンを知っていただくことです。

ベンカンの起源は1947年に溶接式管継手のメーカーとして設立された日本弁管工業株式会社です。

その意味でも、今回は、グループ企業である「株式会社ベンカン機工」との共同出展と致しました。

 

そして、その中から新規事業として派生したのが、現在の「株式会社ベンカン」です。

ベンカンは、「現在だけでなく未来を考えた 配管の開発と供給を通して信頼ある ライフラインの構築をご提案します」を企業理念に、現在は、「ステンレス配管のベンカン」として、各種メカニカルジョイントの製造販売を行っております。

 

今回の展示会で、特にアピールさせていただきたい製品が「ダブルプレス」です。

ダブルプレスは、ヨーロッパを中心に普及するグローバルシステムで、国内では、1975年に発売されたモルコジョイントが原型です。

しかし、ユーザーの皆さまからのご要望により、セーフティー機能を加えたことから、ステンレス配管の強みをバックアップします。

 

1.施工管理をバックアップ

一度、接続したら後に外れることはありません。(規定水圧試験の実施)

 

2.作業者不足をバックアップ

蔓延する作業者不足ですが、拡管式の55%の接合時間を短縮可能です。(当社比)

 

3.コスト削減をバックアップ
厳しい予算案件が多い中、拡管式から33%の継手コストを削減することが可能です。(当社比)

 

是非、ダブルプレスをはじめとしたベンカン製品をご確認ください。

 

ダブルプレスとモルコジョイントの違い

 

|ご来場をご検討の皆さまへ

 

ベンカンのブースにお立ち寄りの際には、ベンカン発行の「特別招待券」をご持参ください。

もれなく、ベンカン特製の粗品と交換させていただきます。

また、写真撮影イベントにご参加いただいた皆様には、別途、お楽しみ企画をご用意しております。

 

尚、「特別招待券」は、ベンカンの営業がお届けさせていただいておりますが、以下のメール欄のお問合せ内容に「特別招待券希望」としてお申込みいただくことで、ご郵送させていただきます。(期限:9月5日まで)

 

 

当日はお気軽にベンカン・ブースにお立ち寄りください。大阪営業所 所員一同、皆様をお待ちしております。

直接のお問い合わせはこちらへ

株式会社ベンカン 営業部 営業4課 大阪営業所

TEL:06-6482-1856  FAX:06-6482-1843

 

 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ