MENU

  • Facebook
  • Twitter

タグ:「ステンレス配管」の記事一覧

東京駅 赤レンガ駅舎

  • 2012.12.10

|文化価値の高さ   「東京駅」丸の内口の「赤レンガ駅舎」ですが、多くの方々で賑わっております。 それは駅舎としての実用的な利用者だけではなく、2003年に国の重要文化財に指定されている通り、建物としての文化価値の高さからでもあります。   この「赤レンガ駅舎」は、日清戦争とその…続きを読む

消火設備 連結送水管

  • 2014.10.28

|ステンレス配管   優れたステンレス配管ではありますが、元来、プラントなどの特殊な用途の配管で使用されていました。   その原因は、材料コストが従来の配管材と比べ割高であったことと、配管を接合する上で、従来工法である「溶接接合」や「ねじ込み接合」では、専門的な高い技術力が必要で…続きを読む

マーケティング「ブランドの構築」

  • 2015.10.21

|マーケティング   未だに日本では、未だにマーケティングのことを複雑に考えたり、市場調査のことだとか、営業だけのことだとか誤って捉えられている方々が少なくありません。   ピーター・F・ドラッカー氏は、「マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、…続きを読む

SUSTAINABLE LIFELINE(サステナブル配管)

  • 2016.12.20

|持続可能な開発目標(SDGs)   2015年9月に開催された国連サミットで採択されたのが、「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」です。 SDGsは、地球ぐるみで、環境破壊や貧困などに終止符を打ち、すべての人が平和と豊かさを享受、持…続きを読む

消火設備用ステンレス配管

  • 2017.05.01

|火災事故の教訓   2006年1月8日に長崎県大村市にて、グループホームの火災が発生し、7名の死者を出す事故がありました。 この施設の延床面積は279.1㎡でしたが、当時の消防法では、1,000㎡未満の建物へのスプリンクラー設備の設置義務はありませんでした。 グループホーム(group …続きを読む

プレス式継手の歴史

  • 2018.03.22

|新規事業へのチャレンジ   配管とは、液体・気体などの流体を管の中を通して送る設備を意味します。 また、配管継手とは、管(パイプ)が直(ストレート)方向であるのに対して、管と管を接合すると共に、方向を変える(エルボ)、分岐させる(チーズ)、径を絞る(レジューサ)、止める(キャップ)などの…続きを読む

専用工具のリース体制

  • 2018.04.05

|メカニカルジョイント   メカニカルジョイント(mechanical joint)とは、「機械式」接合の「管継手」のことです。 特徴は、ゴムシール材等の密着によって接合部の止水を行う構造や専用工具等を使用して接合することで、接合品質の均一性が可能なところです。   ベンカンでは…続きを読む

ステンレス配管のベンカン

  • 2019.05.01

|企業の理念   マネジメントで知られるピーター・F・ドラッカー氏は、その著書の中で、「マネジメントは、組織に特有の使命、すなわち、それぞれの目的を果たすために存在する。」と示しております。 そして、組織である企業にとっての目的を「企業の目的の定義は一つしかない。それは顧客を創造することで…続きを読む

マネジメント「インターナルブランディング」

  • 2020.03.10

|組織の三要素   人が個人で成せる事には限界があります。 そのために同じ目的を果たすために複数の個が集ったのが組織であり、その典型が企業です。 経済学者のC.I.バーナード氏は、組織をシステムとして定義し、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステム」としました。 …続きを読む

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ