MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

SDGs「タンザニア製造業支援研修」

  • 2020.12.25

|SDGへの貢献

 

ベンカンでは、2016年に企業理念の見直しを行いました。

それは、前年の2015年に開催された国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に共感を得たからです。

SDGs(持続可能な開発目標)とは、持続可能でより良い世界を2030年までに達成すべく掲げられた国際目標です。

 

実際の事業では、製造業の立場として、その主旨に則った製品開発と供給を目指しております。

また、可能な範囲とはなりますが、直接の事業に関係ない分野でも貢献できる企業づくりに取り組んでおります。

 

例えば、自社の製造拠点を海外に進出させて現地の発展に貢献するだけではなく、発展途上国の製造業支援にも取り組んでおります。

また、それらの諸国から一定数の実習員を招き入れる取り組みもしております。
国内では、本社、MJ工場が所在する群馬県は、全国的にみても外国人住民が多い地域ですが、コロナ禍も相まって、職に就けていない方々も多く社会問題にもなっています。

幸い長年、外国人の方々を雇用してきた経験があるため、積極的に外国人の雇用に努めています。

 

SDGs(持続可能な開発目標)

 

 

|タンザニア企業の支援

 

この度は、「ユニコインターナショナル株式会社」様からのご依頼で、タンザニア国に向けた「カイゼン運動の発展による、現地企業の品質・生産性等の改善」を目標とした研修にご協力しました。

「ユニコインターナショナル」様は、ODA(政府開発援助)を活用して、アジア、CIS、中東、欧州、アフリカ、中南米など世界各地で開発援助分野におけるコンサルティングサービスを展開されています。

 

具体的には、日本の製造業にとっては、定番との言えるカイゼン活動とそれを支える5S活動に関してです。

 

通常であれば、現地の方々が来日して研修するらしいのですが、今回はコロナ禍であることからオンラインで11,616km離れたタンザニア現地と繋げる事となりました。

 

そのため研修に必要な教材として、事前にMJ工場のカイゼン活動や、5S活動の状況の動画撮影が行われました。

ご担当者であるコンサルティング第一本部 桑名主査様と野口主査様からの取材を受けながらの動画撮影となり、材料搬入口から製品の出荷まで、各エリアの責任者から説明させていただきました。

また、活動を推進する上でのノウハウ、特に5S活動の意義や表彰制度、各パトロール活動などについてのインタビューを受けました。

 

「ユニコインターナショナル」様

 

 

|オンライン研修

 

当日は、タンザニアとユニコインターナショナル様(東京)、そして、ベンカン(群馬)の3拠点をつないでのオンライン研修となりました。

タンザニア側からは、政府関係者、カイゼン指導者の方々が約15人ご参加いただきました。

皆さまには、事前に収録した動画を視聴いただきながら、現在の状況と比較いただきいました。

 

そもそも、5S活動とは、整理、整頓、清掃清潔、躾(しつけ)の頭文字を取ったものです。
そして、その活動によって習慣化された意識をカイゼン活動に向けて取り組みます。

 

どうやら、お国柄などの習慣の違いもあってか、私たちが考える以上のギャップを感じられているように伺えました。

それでも、視聴後は、ご質問をいただきました。
最初は懐疑的であった皆様も、次第に打ち解けて、笑顔も見られました。

 

更には、意見交換するうちに取り組み意欲が湧いてきたのだと思いますが、質問が止まらず、予定時間をオーバーしそうになりました。
結果的に約90分間の研修は無事に終了致しました。

今後、この研修が少しでもタンザニアに皆様のお役に立つことができたら幸いです。

ベンカンも、今回の研修を機に終わる事のないカイゼン活動、すべてのベースとなる5S活動について、これまで以上に推進していきたいと思います。

 

5S活動の意義

 

 

 

石崎 豊(Yutaka Ishizaki)  製造部 部長代理 兼 MJ工場 工場長  

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ