MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

WEB登録

コラム

経営「企業理念」

  • 2016.08.10

|経営とは

 

あらゆる組織が社会の機関であるといわれています。

 

企業も当然、組織ですので、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)が重要視されています。

社会的責任とは、事業を通して、あるいは事業以外で持続的な発展を目的として行う自主的取り組みと解されています。

 

企業の目的を営利であるされる方は少なくありません。

しかし、経営学者のP・F・ドラッカー氏は、企業の目的は、顧客の創造であると示しています。

 

そのためには、社会的な責任を果たすことは重要であり、その上で社会やコミュニティ、個人のニーズを満足させる社会的な価値を高めることが必要となります。

翻せば、この社会的責任と社会的価値を有せない組織は、社会における存在意義(パーパス:Purpose)がなくなってしまいます。

 

故に、その価値観を組織で共有することが重要視されます。

つまり、企業を存続させるためにも、社会的な責任と価値を継続的に創造し、成長させることが経営であるといえます。

 

マネジメント「経営企画」

 

 

|企業理念の変更

 

ベンカンは、2016年8月より、企業理念を変更致しました。

企業理念とは、企業が社会的責任と社会的価値を提供し、その存在意義を示すものです。

ある意味、社会や顧客との約束を定めたものである以上、頻繁に変えるべきものではありません。

 

ベンカンは、1947年の創業より、ぶれることなく配管に携わってまいりました。

しかしながら、一口に配管といっても様々な社会的な存在意義があります。

また、時代によってそれも変化します。

それらを踏まえて、見直すべきと判断しました。

 

その発端は、昨年(2015年)の国連サミットで、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)が採決されたことです。

SDGsには、17の目標がありますが、分社化後のベンカンの事業が、特に4つの目標に貢献できるものであると確信しました。

 

目標6 [水・衛生]

すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

 

目標9 [インフラ、産業化、イノベーション]

強靭(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

 

目標11 [持続可能な都市]

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

 

目標12 [持続可能な消費と生産]

持続可能な消費生産形態を確保する。

 

SDGs「持続可能な開発目標」

 

 

|企業理念

 

従来のミッションは、内発的な存在意義でした。

しかし、新たに制定したミッションは、社会から捉えた存在意義(パーパス:Purpose)を高める意味でも、SDGsを意識したものといたしました。

また、この先も長期的に成長し続けるサステナブル企業あるいは、ESG企業であり、それを目指そうとの想いもあります。

 

ミッション

現在だけではなく 未来を考えた配管の開発と供給を通して 信頼あるライフラインの構築を提案する

 

ミッションブランド

SUSTAINABLE LIFELINE® (商標登録2016年12月16日)

 

ビジョン

1.顧客の満足する製品を 必要な時に供給します

2.潜在ニーズを掘り起し それに応えることで新たな顧客を創造します

3.経営の安定・成長と従業員へ還元するための正当な利益を確保します

4.従業員のモチベーションが高まる職場環境をつくります

5.皆さまから 感謝される仕事をします

 

※「皆さま」とは、ステイクホルダー(利害関係者)を意味します。

※ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、統治(Governance)の頭文字を取ったものです。

 

SUSTAINABLE LIFELINE(サステナブル配管)

 

 

|誠実な経営

 

何度も読み返している書籍に「7つの習慣」があります。

 

その中で、「正直」と「誠実」の違いが示されています。

「正直」とは、現実を、自分自身が、そのまま伝えることです。

対して、「誠実」とは、自分自身が掲げたことを、実現させることです。

 

企業にとっての「誠実」とは、正に企業理念の実現に尽きると考えます。

 

「誠実」とは、もっと簡単に表現したら、約束を守ることではないかと考えます。

もちろん、約束にも難易度があります。

 

例えば、ベンカンが掲げた企業理念ですが、それに見合った企業かと問われたら決して、そうではありません。

正直、今のベンカンでは、難易度の高いものであると考えます。

しかし、決して安請け合いという意味ではなく、徹頭徹尾の達成意思を持って、チャレンジし続けることが大切であると捉えています。

そして、1日でも早く、この企業理念に相応しい存在になろうとする行いが「誠実」につながって行くのだと思います。

 

今後、この企業理念を決して形骸化させることなく、実現に向けて継続して取り組ませていただくことをお約束します。

そして、ベンカンが「誠実」な企業と認めていただることを目指してまいります。

 

マネジメント「GRIT(やり抜く力)」

 

 

21317420_889474737895519_2745838474918736262_n

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook  代表取締役社長

 

皆様の声

 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ