MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

ステンレス鋼の前置記号

  • 2016.12.10
  • カテゴリ: 知識|Knowledge

ステンレスの種類ステンレス鋼は、大きく、マルテンサイト、フェライト、オーステナイト、析出硬化系、二相系(オーステナイト・フェライト系)の5つに分類できます。

 

さらにその素材成分で細分化したら、その種類は100を超えると言われます。

 

その分類するために前置記号と呼ばれるものがあります。

 

 

 

ダブルプレス(横長)最も一般的なのが「SUS(サス)」と呼ばれる前置き記号です。

 

これは、「Steel Special Use Stainless」の略で、板や棒、管など、基本的には圧延あるいは塑性加工されて製造されたステンレス鋼材です。

 

蕎麦づくりに例えるならば、厚い生地を伸ばして薄くしたり、麺状に成形加工する様なものです。

 

ベンカン製品では、「ダブルプレス」「モルコジョイント」「SUパイプ」が該当します。

 

 

 

 

 

BKジョイント(横長)ベンカンには、「SUS」以外にも、「SCS」に分類される製品があります。

 

これは、「Steel Casting Stainless」の略で、溶解して型に流し込む鋳造加工されたステンレス鋳鋼材です。

 

カップ型に生地を流し込んで作るカップケーキを成形加工する様なものです。

 

ベンカン製品では、「BKジョイント」「EGジョイント」が該当します。

 

 

 

BK素材例えば、「SUS304」と「SCS13」では、どちらもステンレス鋼としての素材成分としては大きな違いはありません。

 

しかし、ステンレス鋼になるまでの製法プロセスとそれ故の性質にも若干の違いが出ます。

 

尚、ベンカンでは、「SCS」製品は、相当の「SUS」と併記する様にしております。

例 : SCS13(SUS304相当) SCS14(SUS316相当)

 

その他、ベンカン製品には関係しませんが、耐熱鋼の板や棒材を示す「SUH」や耐熱鋼の鋳鋼材である「SCH」などがあります。

 

michiko kaneko


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ