MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

TOC(制約理論)

bottleneck214x300
  • 2017.04.23
  • カテゴリ:経営|Management

|企業の目的   企業にとっての目的は、「顧客の創造」であるとマネジメントのP.F.ドラッガー氏が提言されています。   一般的に企業の目的と言えば、「利益の追求」とされる場合もありますが、結局は、その利益は、誰でもない顧客からもたらされるものです。   そのための機能…続きを読む

ガルバニック腐食

電池
  • 2017.04.07
  • カテゴリ:知識|Knowledge

|イオン化傾向   単金属が水または電解質中(電気が流れやすい状況)で、金属結合から電子(e–)を放出して、陽イオンになり易い順に並べたものを「イオン化傾向」といいます。   金属をイオン化傾向の大きい順に並べたものをイオン化列(イオンかれつ)といいます。 &nbsp…続きを読む

バリューチェーン

バリューチェーン
  • 2017.04.01
  • カテゴリ:経営|Management

製造業の中には、ファブレス(fabless)のビジネスモデルをされる企業があります。   ファブ(fabrication facility)とは、工場のことを意味しますので、工場を持たない製造業企業のことです。   具体的な事例は、製品の企画、開発、設計は自社で行うものの、製造に…続きを読む

メカニカルジョイント

5
  • 2017.03.23
  • カテゴリ:製品|Products

|配管と管継手   液体や気体などの流体を管の中を通して送る設備が「配管」です。 また、その配管を接合して、直方向に延長したり、方向を変える(エルボ)、分岐させる(チーズ)、径を絞る(レジューサ)、止める(キャップ)などのための機材が「管継手」です。 「管継手」は従来、「溶接式」または「ね…続きを読む

CSR(企業の社会的責任)

小川
  • 2017.03.13
  • カテゴリ:経営|Management

環境問題の深刻化、経済格差の拡大、企業の不祥事などを背景に、社会的責任(SR:Social Responsibility)の重要性が高まり、結果、多種多様な行動規範やガイドラインが次々と作られていました。 しかしながら、経済活動のグローバル化が促進されると共に、国際的な基準の統一が求められるようにな…続きを読む

ステンレス配管

ステンレス配管
  • 2017.03.10
  • カテゴリ:製品|Products

|配管とは・・・   「配管」とは、液体・気体などの流体を管の中を通して送る設備を意味します。 液体や気体で想起するのは、水や空気だと思います。 実際、それらが主ではありますが、プラント配管であれば油や薬品なども流します。 また、スライムのような流動体を流すスラリー(slurry)配管や小…続きを読む

ライフサイクルコスト

モルコジョイント
  • 2017.03.01
  • カテゴリ:知識|Knowledge

給水・給湯、ガス、電気などは、身近なライフライン(LIFELINE)ですが、正に生命線的な存在となります。   予算がないからと言って、欠かすことのできない重要な設備です。   しかし、欠かせないとは言え、コストダウンは誰もが考えることです。   ところが、配管にかかる…続きを読む

品質のつくり込み「TQM(総合品質マネジメント)」

TQM
  • 2017.02.24
  • カテゴリ:品質|Quality Assurance

モノづくりにおいて、「品質保証(Quality Assurance)」は基幹部分であり、だからこそ、「品質のつくり込み」によるベンカン品質の追求に取り組んでおります。   「品質のつくり込み」とは、顕在化した品質の問題を対処するだけではなく、その根本から改善することで、そもそもの品質の問題…続きを読む

専用工具使用上の注意点「寒冷地対策」

WP接合
  • 2017.02.10
  • カテゴリ:施工|Construction

専用工具を使用してするベンカンの「メカニカルジョイント」は、作業者個人の技能に左右されることなく施工の品質を均一化させることが可能です。   専用工具は、大きく「①専用締付工具」と「②専用拡管工具」に分類されますが、どちらも油圧駆動システムとなっております。 油圧稼働システムとは、エネルギ…続きを読む

施工講習会の実施

施工講習会
  • 2017.01.31
  • カテゴリ:品質|Quality Assurance

ベンカンは、「ステンレス配管のベンカン」として、価値あるご提案に努めております。 ステンレス配管は、「高い強度」、「高い耐久性」、「優れたクリーン性」、「リサイクル性」などが優れた特徴です。 しかしながら、従来からの溶接式接合やネジ込み接合は、材料コストが高い上に、専門性の高い施工技術と設備が必要で…続きを読む

1 / 612345...最後 »

最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ