MENU

  • Facebook
  • Twitter

ニュースリリース

ベンカングループ決起大会・ベンカン戦略発表会の開催

  • 2020.01.14

|ベンカン グループ 決起大会

ベンカンでは、毎年、年度初月である1月に方針説明会を開催しております。

 

2020年度の決起大会は、1月10日(金曜日)に開催しました。

会場となったグランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール(東京都港区)には、「株式会社ベンカン」「株式会社ベンカン機工」のグループ各社の管理職 約80名が出席しました。

 

今回、それぞれの会社の2019年総括と2020年の方針が発表され、確認をすることができたことにより、あらためてグループとして意識の統一をおこなうことができました。

 

2019年 ベンカン決起大会

 

 

ベンカンの方針発表は、取締役 最高執行責任者である我妻から、2019年の実績と2020年の事業計画と共に伝えられました。

2020年の「あるべき姿」になる事業計画の達成のため、キーワードを3つ、上げられました。

 

1.エンパワーメント+トップダウン→ボトムアップ

2.ロジカルシンキング

3.能力の差は、意識の差。

 

この3つのキーワードをベンカンの組織に掲げ、推進していきます。

そのことにより、それぞれのメンバーが、それぞれの「役割を意識」し、「目標を意識」し、「何をすべきかを意識」して行動することにより、「あるべき姿」を達成していけると確信しています。

 

2020年仕事始め・年頭挨拶

 

|ベンカン 戦略発表会

ベンカングループの決起大会に先立ち、ベンカンの方針発表を、各部署にブレイクダウンをした、「戦略発表会」をベンカンの管理職約20名に対して開催しました。

それぞれの管理職が、ベンカンの機軸戦略に基づき、価値観を共有させ、声をカタチにし、なにをすべきかを明確にして、有言実行をしていくことが重要です。

 

しかしながら、どうしても限られた時間の中でのベンカングループの決起大会では、ベンカンの管理職が機軸戦略を深く理解し、それぞれの価値観を深く共有することは難しいと考えたため、ベンカングループの決起大会に先立ち、ベンカンの戦略発表会を開催しました。

 

経営戦略を基にしてブレイクダウンされた部署戦略(営業部・製造部・品質保証部・開発技術部・管理部)が発表されました。

 

今回も、ベンカンの戦略を参加者全員が深く理解するために、各部署には、ロジカルシンキングによる戦略の立案を求めました。

これは、組織内で戦略を共有する上で、論拠の曖昧な戦略は、その妨げになるからです。

また、機軸戦略に基づいて、それぞれの部署戦略を管理職全体が理解することにより、各部署がセクショナリズム・エゴイズムに陥ることが無いようにするためです。

 

組織論「セクショナリズム・エゴイズム」

 

結果的に、誰もが限られた時間内に共有すべき発信情報を明確に伝え、共有することが出来たと思います。

 

そして、今年は、組織内でのコミュニケーションを更に強化させ、キーワードである「声を出す。声を聴く。そして声をカタチにする。」とともに、ベンカンのスローガンである「知恵と勇気を持ってチャレンジしよう!」の精神を持った集団であることを更に追求していきます。

 

|ベンカン 戦略発表会 総評

ベンカン戦略発表会の最後には、代表取締役である小林からの総評をいただきました。

 

「各戦略に対して、それぞれが機軸戦略を達成するためのKGIが具体化されている。しかしながら、大切なのはそれを達成するために、スピード感をもって取り組むことが重要である」と、あらためて指摘されました。

 

今回、機軸戦略を筆頭に、それぞれの部署を参加した管理職は深く理解できたと思います。

それぞれが、責任をもって、ベンカンの「あるべき姿」を達成させるために、常に最適、最大の打ち手であるのかを自問自答しながら、スピード感をもってPDCAサイクルを回していくようにしていきます。

 

そして、今回の戦略発表会で発表したから終わりではありません。

出席者の管理職から、自部署の配下のスタッフに伝え、全体として共有をすることが重要です。

 

また、人間、一度や二度、聴いただけで完全に落とし込めるものでもありません。

そのため、それぞれの戦略は一度伝えたら終わりではなく、常に共有する意識を持つのと同時に、伝える機会を都度作り、組織マネジメントの向上に努めて参ります。

 

sano

 

  佐野 裕(Yutaka Sano)  管理部 部長

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ