MENU

  • Facebook
  • Twitter

ニュースリリース

2020年仕事始め・年頭挨拶

  • 2020.01.06

本日、1月6日が2020年のベンカンの仕事始めとなります。

先立ちまして、経営の各最高責任者から従業員に対する年頭挨拶がありましたので、その一部をご紹介させていただきます。

 

昨年、2019年は元号が令和に変わり、新しい時代がスタートしました。

新たな時代の幕開けを多くの人が期待をもって迎えたことと思います。

しかしながら、2019年を振り返ると様々な不祥事および、いじめやハラスメントなどが指摘、批判されると同時に、企業や個人の社会的責任や倫理観に関心が高まった一年でありました。

一方で「環境問題」や「働き方改革」はまったなしの課題です。

法令遵守は当然として、それ以外でも、社会に対し企業が果たすべき多くの責任が存在し、そのパフォーマンスを果たすことが広く社会から評価されることになります。

これらは、従来多くの企業が掲げていた利益一辺倒の経営から、果たすべき責任を積極的に果たすことを重視する経営に舵をきるべき時代がきていることを示します。

ベンカンも、今の企業に求められる社会的責任や倫理観を満足するための取組をより一層推進していく所存です。

ベンカンのスローガンは、「知恵と勇気を持って変化にチャレンジしよう」です。

この変化とは、顧客の皆様のニーズや、マーケットの環境などの、商売上の変化に限りません。

企業が目指す姿への変化も、また大きな変化になります。

ベンカンもそれらの様々な変化に戸惑って、止まってしまうのではなく、変化にチャレンジしていきます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

代表取締役 最高財務責任者(CFO) 小林 充

 

ベンカンとしての2020年の「あるべき姿」になる事業計画を達成させるため、私が組織に掲げ推進していくことは、次の3つです。

1.エンパワーメント+トップダウン→ボトムアップ

2.ロジカルシンキング

3.能力の差は、意識の差。

まずは、自身の役割を意識して能動的に動いてくれる方々にはエンパワーメント(権限の委譲)を実施します。

また、認識しているものの能動的に動けない皆さんには、トップダウンにより背中を押させていただきます。

そして、このエンパワーメントとトップダウンの鬩ぎあいの中から、ボトムアップで声を出す人材が表れてくることを期待します。

また、コミュニケーション力を高める意味でも、そのやり取りは、常にロジカルであるべきと考えます。

常に、目標(課題・期限)を設定し、PDCAサイクルを回すことで、確実に成果に結び付けて行きます。

そして、どんなに優れた組織であっても、それを発揮させなければ意味がありません。

その意味でも、役割を意識し、目標を意識し、何をすべきかを意識して行動して欲しいと思います。

この3つの取り組みを推進することで、2020年の事業計画達成に導きたいと思いますので皆さん、共に頑張りましょう。

取締役 最高執行責任者(COO) 我妻 武彦


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ