MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

コミュニケーション「感謝の気持ち」

  • 2019.04.01

|コミュニケーション

 

社会において、人は決して一人で生きて行くことはできません。

故に何らかのコミュニティーに属することになります。

 

コミュニティー(community)とは、同じ地域や機関に属して利害を共にし、政治・経済・文化・習慣などにおいて深く結びついている人々の集まりのこととされています。

そもそもの社会が最大規模のコミュニティーでもあるといえます。

 

そして、そのコミュニティーにおいて欠かせないのが、コミュニケーションです。

コミュニケーションによって、コミュニティーに属する人々同士が、様々な情報を伝達し合い適正な運営を可能とします。

そして、その良好なコミュニケーションに欠かせないものがあります。

 

コミュニケーション

 

 

|一期一会

 

212418

私たち営業担当者は、会社というコミュニティーに属すると共に、業界あるいはマーケットというコミュニティーにも属しています。

自社製品の良さをご理解していただき、それをご採用いただけるように、日々多くの人たちと接させていただきます。

 

その時は、多くの出会いの一つなのですが、後になって考えると、その出会いが大きな転機になるような大切な出会いであったことに気付かされることが少なくありません。

 

「一期一会」という言葉があります。

私は普段、「一期一会」を一生ものの特別な「出会い」という意味で使用しています。

 

しかし、本来の意味合いはもう少し深いようです。

元々「茶道」の教えを説いた言葉だそうです。

 

「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くす心構えを持ちなさい」ということです。

 

つまり、「出会いの場は一生に一度限りのもので、同じ人と再会しても「その場」は戻って来ない。故に、この一瞬を大切に思い、今できる最高のおもてなしをする。」という意味なのだそうです。

一生に一度なのは「出会い」そのものではなく、「出会いの場」であるということのようです。

 

 

|感謝の気持ち

 

私は社会人になって15年以上が経過しました。

 

管工機材業界というコミュニティーの一員となって5年も経てば、「仕事」は人と人との繋がりの上で成り立っており、お互いに助け合い、自分自身も全力を尽くした結果、「仕事」を成功させることができると理解しました。

そのため、新しく出会う方とのご縁に「感謝」してきました。

 

しかし、「一期一会」の本来の意味を知ると、新しい「出会い(縁)」には感謝してきましたが、「出会いの場」に感謝し、その瞬間瞬間を大切にしてきたかというと、いささか疑問が残ります。

最初に出会った時の感謝が、次回お会いする時には薄れてしまい、いつの間にか「あの人との関係構築(コミュニケーション)は良好だ」と思い込んでいるのではないかと気付かされたのです。

 

これは、私の驕りであり、大きな勘違いでした。

 

仕事の場であれば、多くのお客様は当然ながら、社内の仲間たち、また、親や兄弟、友人などプライベートでも、多くの方々が私に対し貴重な時間を割いていただいております。

 

今後は、「この貴重な時間は2度と繰り返す事のない場である」ことだと「感謝」の気持ちと謙虚な気持ちを持ち、その瞬間瞬間を大切にしていこうと思います。

 

皆様、これからも宜しくお願い致します。

 

年始(2017年)のご挨拶「謙虚になる。」

 

 

 

田中 利憲(Toshinori Tanaka) 営業部 営業2課 課長

 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ