MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

専用締付工具の遍歴

  • 2017.04.06
モルコジョイント

▲モルコジョイント(研磨品)

ベンカンの原点とも言えるメカニカルジョイントは、「モルコジョイント」です。

 

発売は、1975年ですので、40年を超える長寿製品です。

 

実際には、ベンカンもヨーロッパで普及していた「プレス式接合」技術を導入して開発しましたので、本当に歴史ある接合方式となります。

 

 

この「モルコジョイント」ですが、発売当初から、そのスピード施工、均一施工には高い評価をいただいておりました。

 

その「プレス式接合」は、シンプルそのものですので、40年以上もの間、大きな変化はありません。

 

シール材であるゴムリングが装着された継手本体に、対応パイプをラインマーク(差し込み代)まで差し込み、専用締付工具でプレスして完了です。

 

IMG_1264IMG_1267モルコ2IMG_1268

 

40年以上もの間、大きな変化がなかったと先述しておりますが、専用締付工具は大きく進化して来ております。

 

実は、工法の評価は高かったものの不評だったのが、専用締付工具だったからです。

 

発売当初は、大型ポンプからホースが伸びて、その先に継手をプレスするシリンダーヘッドの着いた大きなものでした。

 

以来、ベンカンとして、専用締付工具のコンパクト化、軽量化が課題となりました。

 

|専用締付工具(挟込式)の主な遍歴

BS型BEM(水)締付工具

 

そして、この度、従来機と比較しても大幅にコンパクト化、軽量化を実現した専用締付工具「BPN-16R(ACO102)」が満を持して6月に販売となります。

 

この工具の特徴は、言わずと知れたコンパクト性と軽量性、そして操縦性です。(詳細は別途)

 

new_工具本体オリジナル

 

2017年4月17日より特典付きの予約販売キャンペーンがスタートしますので、この機会に是非、ご用命下さい。

 

尚、「BPN-16R(ACO102)」は、「モルコジョイント」ならびに樹脂管対応「JPジョイント」の専用締付工具であり、「ダブルプレス」や「CUプレス」には使用できません。

 

sano

 

  佐野 裕(Yutaka Sano)  営業部 部長

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ