MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

段取り八分

  • 2013.08.10

足場私の父は、鳶職人でした。

鳶職(とびしょく)とは、建築現場などで作業する人達の安全性と作業性を考えて足場を作る仕事です。

足場は、建物と違って最終的には解体してしまうものなのですが、父は、その美しさにも、こだわるような職人でした。

 

 

手伝いをしていた時期もありましたが、そんな父の口癖は、「段取り八分」でした。

仕事の良し悪しは、段取り次第で、八分方が決まるという意味です。

 

 

足場の図面ですが、建物の規模によっては簡易的な場合や、頭の中で描くだけの場合も少なくありませんでした。

父は、そんな建物の図面と現場の状況を見て、どの様な足場が良いかイメージします。

足場

 

そこから、長さの異なる単管類や様々な形状のジョイント類、足場板、番線(結束用の太い針金)などの材料と数量をはじき出し、調達して行きます。

また、抱える職人達の技量を見て、誰を、どの位置に配置して、どの様な工程で作業して行くかまでもイメージしてしまいます。

 

それまでは、何度か現場に足を運び、建築図面とやり取りしているのですが、イメージが固まると、とにかく、私達、手元は、気が抜けませんでした。

とにかく、父からのマシンガンの様な指示が飛び交うのです。

 

また、よくぞ、一人で、そこまでチェックすると思えるくらいに細部に渡って、作業精度を見ています。

父が気に入らないと、やり直しになることもありました。

それでも、キチンと納期までに完了させます。

 

 

asibaあるゼネコンの所長から言われたことがあります。

 

「君のお父さんに任せておけば、どんな現場でも、キチンと納めてくれる。それでいて、美しい足場なので、解体するのがもったいないくらいだよ。」

私は、父を誇らしく思いました。

 

 

私は、父の仕事を継ぎませんでしたが、今の仕事に携わりながら、あらためて思うことがあります。

良い仕事をするためには、常に良い仕事とは何かを考え、それを具体化させる。

そして、良い仕事をするためには、いつまでに、何をすべきかを具体化させる段取りこそが大切なのだな・・・と。

 

決して、やらされ仕事や思いつき仕事の〝やっつけ仕事〟で良い仕事ができる訳がありません。

ましてや、良い仕事がそうであるように〝やっつけ仕事〟も相手に確実に伝わります。

 

 

t-wagatsuma

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 最高執行責任者(COO) 兼 執行本部 本部長

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ