MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

衛生「腰痛」

  • 2021.09.03

|健康とは

 

※出典:厚生労働省 2019年国民生活基礎調査

企業などの事業者の責任として、労働者の「健康」を維持するために、職場の労働条件や作業環境を改善することは、労働安全衛生法などにより定められています。

 

そもそもの「健康」ですが、WHO憲章の前文において、次のように定義されています。

 

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。日本WHO協会訳

 

健康の対義語として使われるのが、病気かと思います。

この場合、外傷のイメージがないかと思いますが、当然ながら外傷を負うことも健康を阻害する要因となります。

 

例えば、国民病と言われるほど有訴者が多いのが腰痛です。

病気や外傷による自覚症状の調査では男性1位、女性の2位が腰痛となっており、誰もが経験しうる身近な症状です。

 

腰痛は病名ではなく体に表れる症状の名前です。

腰痛のうち原因が特定できるものはわずか15%程度となり、「特異的腰痛」と呼ばれる症状になります。

「特異的腰痛」の代表的な病気としては椎間板ヘルニア、高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症、骨粗しょう症が挙げられます。

これらはいずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されて痛みが起こり、圧迫がひどいときには、脚の筋力低下やしびれを伴います。

 

それ以外の原因は腰そのものに問題がある場合だけでなく、職業、生活習慣、ストレスなどの要因が複雑に絡んでおり、どこが痛みの原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」となり、いわゆる腰痛症と呼ばれるものになります。

急性の腰痛である、いわゆる「ぎっくり腰」も「非特異的腰痛」に含まれます。

急に無理な動作をしたときなどに起こる腰の組織のけがで、ねんざや、椎間板、腱、靭帯などの損傷が多いと考えられています。

 

衛生「健康の大切さ」

 

 

|腰痛の原因

 

職場環境によって腰痛を発症する人は非常に多く、労働災害全体の6割以上を占めているとの報告があります。

ベンカンの職場においても、油断すると腰痛の原因となってしまう可能性の業務があります。

そのため、原因になりうる業務を把握して、対策することが重要であると考えています。

各職場からヒアリングすることで、大きく3つをご紹介します。

 

(1) 重いものを持ちあげるなど身体に負荷がかかる業務

製品に重量物が多いことから、当然、業務の中で重量物を持ちあげる作業が発生しがちです。

例えば、製品の荷造りやリース工具の管理を行う発送グループやリース工具のメンテンスを行う工具グループは、重量物の扱いが多くなってしまいます。

重量物を持ちあげる時に腰に負荷がかかりすぎると、ぎっくり腰になってしまう可能性があります。

 

(2) デスクワークや長距離運転など同じ姿勢を取り続ける業務

同じ姿勢をとり続けるような業務も腰痛の原因となります。

職場でも多く、デスクワークをしている人や長距離運転がそれにあたります。

また、状況によっては、中腰のまま作業せざるをえない場合もあります。

長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたとき、運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに起こります。

寒さで筋肉が硬直する冬も神経が刺激されて痛みが起こりやすくなります。

これは股関節やその周辺の筋肉の柔軟性が失われてしまうことが一因であると考えられています。

 

(3) ストレスのかかる業務

少々、意外かもしれませんが、ストレスが原因で腰痛になることもあると報告されています。

腰痛の原因が精神的なものとが考えにくいため、原因を特定できないまま悪化させてしまう場合もあるようです。

 

労働安全衛生法

 

 

|腰痛の予防と対策

 

企業にとって労働安全衛生法の観点からも「長時間にわたる労働による労働者の健康障害の防止」や「労働者の精神的健康の保持増進を図るための対策」は義務であり、社員に対して腰痛の予防と対策も日頃より促しております。

今回は、その様な状況から普段、どのような予防や対策をしているのかを社員たちからヒアリングしてまとめてみました。

 

(1) 姿勢の改善に気をつけること

・同じ姿勢が長時間続かないように、こまめに姿勢を変えたり、簡単な体操をしています。

・設備の段取りをするときなども、無理な姿勢にならないように注意する。
・長時間の自動車の運転では、定期的な休憩をしている。

・ 中腰、前かがみなど不自然な姿勢をなるべくとらないようにしている。

・30分に1回は腰を回したり体を伸ばすなどストレッチをしている。

・良い座姿勢(あごを引く・ 背筋を伸ばす・ 腰と脚の付け根が直角になるように深く座る)を意識している。

・悪い座姿勢(猫背・ 背もたれに寄りかかる・ 腰を反った姿勢)をしないようにしている。

・職場で、ラジオ体操を実施しています。

 

(2) 腰に負担のかかる業務で気をつけること

・重量によっては一人で移動をさせず、2人で移動させる。

・重量物に限らず、軽量物でも無理な体制で持つことが無いようにしている。

・重量物を持つときは出来る限り腰を落として、直角に持つように心掛けている。

・キャスターやリフターを使い、腰に負担をかけないようにしている。

・腰痛予防のサポートベルトをしている。

・急な動作、腰の不意なひねりを避け、動作時は視線も動作に合わせる習慣をつけている。

 

 

(3) 適度運動を心がけている

水中でのウォーキングは、水の抵抗で筋力がつき、浮力により腰への負担が軽くなります。

・ヨガはポーズや呼吸によって全身をリラックスさせると共に骨盤や背骨の歪みを正すことにより、筋肉をほぐす効果も期待できます。

・ハイキングやウォーキングは、ハイキングは楽しみながら長時間の全身運動ができるため、続けることで血行が良くなり、腹筋や背筋なども鍛えることができます。

・温めのお風呂に入ることでリラックスできたり、筋肉をほぐすことで腰の負担を癒せます。

 

(4) 生活習慣の改善

・仕事ではストレスが溜まりがちですので、プライベートではストレス発散や溜めない環境作りを意識しています。

・喫煙も腰痛の原因になると聞いたので、現在は、禁煙しています。

 

ヒアリングの結果、腰痛の予防のためにストレッチをして予防をしている方が多くおり、様々なストレッチがあることがあることがわかりました。

それぞれに合わせて予防をしていくことが重要です。

 

腰痛は私たちにとって身近な症状のひとつになってしまっており、とても一般的な症状であるため、ともすれば軽く考えてしまいがちです。

しかしながら、長引く腰痛は健康や生活に影響するだけでなく、重篤な病気のリスクが潜んでいます。

普段の対策をおこない、腰痛を発症させない、悪化させないように適切な対策やケアをこれからも実施をしていきます。

 

衛生「ストレスとの付き合い方」

 

 

  佐野 裕(Yutaka Sano) 管理部 部長


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ