MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

能力の差は、意識の差。

  • 2019.08.16

|スキルとは

 

人には持って生まれた資質、つまり才能があります。

この才能が優れた人を天才と呼ぶのかと思います。

しかし、実際には、トーマス・エジソンの「天才は、1%のヒラメキと99%の努力」でもあるように、才能だけで物事の優劣が決まるものではありません。

 

才能は開花させるものであって、それをより価値のあるものにするには磨く必要があります。

その磨く行為が「理入」や「行入」です。

 

「理入(りにゅう)」、つまり理論などの知識を得る行為であり学習ともいえるかと思います。

反面、知識を得ても、行動に活かさねば成果に結び付くものではありません。

行動によって得ることができるものが「行入(ぎょうにゅう)」であり、体験や訓練ととれるかもしれません。

そして、この「理入」と「行入」の繰り返しによって経験値が高まり技能、最近ではスキル(skill)と呼ばれるものが高まるのだと思います。

 

学習の5段階レベル

 

|スキルと能力の違い

 

スキルと混同され易いのが、能力かと思います。

スキルとは、専門的な技能です。

 

能力とスキルの違いは、パラメータかノウハウであると表現されていた方がいらっしゃいました。

つまり、能力はパーソン自身が持つ力のことで、より多くのスキルを身に着けることによって高まるとされていました。

しかし、より高い、より多くのスキルを身に着ければ、本当に能力が高まるのかです。

私は、そうは考えません。

どんなに高いスキルを、どんなにたくさん身に着けていても、それを発揮できなけらば能力にはならないと考えるからです。

 

組織には262の法則が成り立つといわれています。

つまり、組織は、能力の優れた2割、一般的な6割、未熟な2割で構成されるという考え方です。

しかし、この262を左右するのは、決して、スキルの高さでも、スキルの数ばかりでもないはずです。

 

組織論「ジンザイ」

 

|能力とは

人は、学習と体験を積むことで、資質に経験値が上積みされ、さらには新しい経験値が上積みされ、出来なかったことが出来るようになります。

しかし、出来るようになることが能力であると錯覚してはならないと考えます。

能力は、発揮(行動)してこそのものであると考えるからです。

 

どんなに高いスキルをたくさん持っていたとしても、それを発揮できなければ宝の持ち腐れでしかありません。

翻して、人並みの能力であっても、モノ事を成し遂げようとする意識が高ければ、持ち得たスキルを最大限に発揮するのだと考えます。

 

先述の262の法則でいうなれば、優れた2割は、それを能動的に発揮することが出来るジンザイなのだと思います。

それでは、能力を高めるにはどうすべきかです。

もちろん、高いスキルを、より多く身に着けようとすることも大切です。

加えて、そのスキルを如何なる場面で発揮すべきかを「意識」を持つことが大切であると考えます。

 

スキルを高めるのは、簡単ではないですが、不可能でもないと思います。

しかし、それを発揮するのが思いのほか難しいのが人です。

 

以前、「1.01の法則」と「0.99の法則」というものを知りました。

「1.01」も「0.99」も「0」から、0.01しか違いません。

しかし、それが、一年365日が積み重なると、1260倍もの差がついてしまいます。

 

能力とは、成し遂げることが出来る力。やり抜く力なのだと考えます。

そのためには、成し遂げるべきことを「意識」して、持ち得たスキルを着実に発揮し続けることが大切です。

 

結果的に能力の差は、「意識」の差によって生じる・・・「意識の差は、能力の差。」です。

 

GRIT(やり抜く力)

 

21317420_889474737895519_2745838474918736262_n

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 最高執行責任者(COO) 兼 執行本部 本部長

 

皆様の声 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ