MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

ステンレス鋼の外観仕上げ

  • 2016.11.06
  • カテゴリ: 知識|Knowledge
No.1

HOT材(No.1)

ステンレス鋼は、その製造工程や表面処理によって、外観仕上げのイメージが違って来ます。

 

少し、専門的な用語も出てきますが、ご興味のある方はお付き合い下さい。

 

 

基本素材の「HOT材(No.1)」は、熱を掛けてローラーでコイル状に延ばす熱間圧延後に、熱処理、酸洗したステンレス鋼で、表面に光沢がなく銀から白に近い色です。

 

 

モルコジョイント

モルコジョイント

その「HOT材(No.1)」を熱を掛けないでローラーでコイル状に延ばす冷間圧延後に、熱処理、酸洗した後に、さらに冷間圧延して、表面に光沢を持たせた「2B材」は、灰色で表面に、やや光沢がある仕上げとなっています。

 

一般材や建材の多くは、この「2B材」仕上げが主流となっています。

 

例えば、ベンカンのステンレス配管の「モルコジョイント」は、「2B材」をベースに加工して真空熱処理をしていますので、表面に光沢はなく、薄灰色です。

 

 

医療用ガスの配管材などにも用いられるものには、「BA材」があります。

 

これは、「2B材」の表面の光沢が酸洗で失われない様に、還元性雰囲気または真空中で熱処理するブライトアニール処理と呼ばれる光輝焼鈍(こうきしょうどん)をすることによって光沢を保持させ、さらに軽い冷間圧延を施したものです。

 

 

ショット・ビーズ

ショットブラスト用の粒(研磨剤)

「BA材」は、鏡面に近い光沢を持った仕上げで、医療用ガス配管以外に自動車部品、家電製品、厨房用品、装飾品などにも使用されています。

 

ショットブラストは、「ステンレス鋼」に、小さな鋼製の粒(研磨材)を強く吹きつけることによって、酸化スケ-ルやバリを取ったり、表面の加工傷を研磨します。

 

「ショットブラスト」仕上げでは、基本的に、表面は、つや消し状になります。

 

 

 

ステンレス鍋

研磨仕上げの鍋

そして、最も、ステンレス鋼のイメージが強い鏡の様な光沢のものは、実は、表面を「研磨」仕上げしたものです。

 

バフという回転させながら研磨する工法で鏡面状に仕上げます。

 

400番、500番、600番、700番、800番研磨と番手が上がると鏡面度のレベルが高くなります。

 

外観上の美観を向上するだけではなく、埃が付着してはならない半導体工場などのクリーンルームや目詰まりを抑える意味で食品工場のサニタリー配管などにも利用されています。

 

ご要望があれば、ベンカンのステンレス配管にも意匠性を高めるために「研磨」仕上げを施すことが可能ですので、営業スタッフにお問合せ下さい。

 

 

ステンレス ヘアライン

ヘアライン仕上げ

また、手摺、柵、屋外建材金物(エクステリア)などで使用されているステンレス鋼には、長手方向に縦すじが入ったものも良く見かけます。

 

髪の毛のような細い線が入っていることから「ヘアライン」仕上げと呼ばれます。

 

敢えて、細かい縦傷を着けることで、独特のつや消し仕上げになります。

 

また、美観だけではなく、傷が着いても目立たない上に補修も容易な加工であることから、擦り傷などが着き易い箇所に使用されることが多い仕上げです。

 

 

よく勘違いされるのが、キッチンや洗面所の水栓器具です。

 

キッチン

キッチン廻り

例えば、左のキッチンシンクの画像をご覧ください。

 

シンクは、ステンレス鋼板をプレス加工したもので、表面はショットブラスト処理が施されています。

 

それでは、水栓器具の素材は何でしょうか?

 

光り輝いているだけにステンレス鋼だとお答えされる方々が少なくありません。

 

しかし、ほとんどの場合は、銅合金材にクロムでメッキされたものなのです。

 

 

一口にステンレス鋼と言いましても、様々な素材の種類があったり、様々な表面仕上げ方法があることから、お客様のニーズに幅広く、お応えできる素材であるとも言えます。

 

ここでご紹介させていただいたものも一部でしか過ぎませんので、是非、身の回りにどんなステンレス鋼があるか注目して見て下さい。

 

ステンレス配管のベンカン   皆様の声

 

2016.11.22 takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ