MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

WEB登録

タグ:「ジンザイ」の記事一覧

組織「262の法則」

  • 2014.08.12

|組織とは・・・   組織とは、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」と定義したのは、アメリカの経済学者であるチェスターバーナードです。   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限…続きを読む

組織「ファーストペンギン」

  • 2015.03.20

|組織とは・・・   組織とは、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」と定義したのは、アメリカの経済学者であるチェスターバーナードです。   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限…続きを読む

戦略人事「フリーヒアリング」

  • 2016.05.20

|戦略人事   経営資源のなかでも、筆頭の「ヒト」、つまり人事の重要性が高まっています。   従来型の人事とは、労務・法務などの制度やマニュアルなどのオペレーション業務ばかりに固執した保守的、定型的な前例主義、あるいは後方支援的な活動がほとんどでした。 また、発展的な「人事戦略」…続きを読む

マーケティング「マケ学」

  • 2016.09.03

|人材経営   経営資源(リソース)とは経営学用語の一つであり、エディス・ペンローズによって提唱されました。   企業が成長するための活動には多くの資本や労働力が必要であり、そして更なる成長には、より多くの経営能力が必要となります。 ここでの能力というのは、有名な「ヒト(人材)」…続きを読む

組織「ジンザイ」

  • 2017.08.12

|組織とは   組織とは、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステムである。」と定義したのは、アメリカの経済学者であるチェスターバーナードです。   人は、社会やコミュニティ、または個人の特定ニーズを満たす上で、一人で成し遂げることができることには限界があ…続きを読む

経営資源

  • 2018.05.02

|経営戦略   企業は、その目的を果たすために、経営理念に基づいた戦略を立案し、それに沿って事業活動を推進します。 そのための資源と言われるのが、経営資源です。   経営資源とは、エディス・ペンローズが提唱した考えです。 一般的に、その要素は、「ヒト」、「モノ」、「カネ」、「情報…続きを読む

働き方改革「ワーク・ライフ・バランス」

  • 2019.03.23

|働き方改革   日本経済再生に向け、政府が最大のチャレンジと位置付けるのが「働き方改革」です。 「働き方改革」によって労働生産性を改善し、その成果が労働者に分配されることで、需要の拡大を図り「成長と分配の好循環」を構築させようとする取り組みです。   具体的には、政府が働く人た…続きを読む

戦略人事「技能継承」

  • 2019.08.04

|戦略人事   企業とは、その保有する経営資源を日々の事業活動へ投入して利潤を追い求める存在です。 経営資源とは、一般的にヒト、モノ、カネ、情報といわれています。 この経営資源を必要な部署や取り組みに供給するのも、インフラストラクチュアの取り組みとなります。   なかでも、筆頭の…続きを読む

マネジメント「ボトムアップ」

  • 2019.09.17

|マネジメント   個人が発揮できる能力の可能性は無限であると論じたいところではありますが、様々な制約があり、現実は限界があります。   それが故に個人は組織を形成します。 組織とは、個人の集合体であり、能力の集合体です。 個人では成し得ることができなかった理念を実現するためのも…続きを読む

マネジメント「誰をバスに乗せるか」

  • 2019.10.10

|マネジメント   人は一人で成せる目標には限界があります。 それ故に、より大きな目標を達成させるために、同じ意志を持った個人が集って組織を形成します。   しかしながら、目標達成に対する意志が同じであっても、それを実現させるための方法論は、個人それぞれです。 また、それぞれの能…続きを読む

1 / 212

最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ