MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

職場紹介「東京営業所」

  • 2021.08.10

ベンカンの東京営業所は、営業部において、19県(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城、山梨、長野、新潟)をカバーしております。

全国的にみても非常に大きな市場であり、東京営業所の予算達成が会社全体の予算達成に大きく関わってきます。

 

東京営業所は、所長の私 後藤を筆頭に2030代のフレッシュな人員構成です。

若さ故に知識や経験は年長者に負けるところもありますが、行動力や迅速な対応には自信があります。

 

左より 萩、後藤、大内、安原、小淵

 

お客様は多岐に渡ります。

ゼネコン様、サブコン様、設備業者様などの需要家の皆様や商社様、販売店様などの流通を担っていただく皆様の他、各官公庁様、設計事務所様、実際の工事現場の皆様など様々な環境へ出向かせていただいております。

 

そのため一つの営業トーク、技術を身につければ良いワケではありません。

同じメリットを話す場合でもお客様によって切り口を変えたりする必要がでてきます。

つまり、ただ「安い」や「施工がやりやすい」など単純な文句ではなく目の前のお客様には何が一番刺さるのかということを常に考えることが重要です。

故に営業の役割とは価値提案が全てであると捉えております。

 

 

 

今後の目標として掲げているのは「シェア率の向上」です。

これはベンカンに限りませんが、お客様との関係構築は、一朝一夕でできるものではなく一定期間が必要となります。

ところが、これまでの東京営業所は、地方からの転勤者が多く、結局、いずれ帰省してしまうことから、なかなか長く担当することになりませんでした。

現在は、東京で新人から採用して、しっかりと人材育成し、お客様と長く良好な関係を構築・維持できる体制が整ってきました。

 

また、確かに現在は若いスタッフたちですが、いずれスタッフも、そしてお客様もお互い役職が変わって行くはずです。

その時間を掛けた関係が、きっと大きな取り組みに発展できると期待しております。

今は耐え時であると考え、未来に投資したいと考えます。

 

 

現在は、新型コロナウイルスまん延という今まで経験した事がないような社会となっています。

これまでの常識が通じない環境です。

私たち営業もニューノーマルといわれる新しい取り組みにもチャレンジしております。

 

例えば、最近では、オンラインによるセミナーであるウェビナーを開催し、多くのお客様に参加いただいております。

今後は、展示会に出展する機会も少しずつ増えてくるかと思いますが、ここにもニューノーマルを取り入れて行きたいと思います。

そもそも、こういった変化に対応できない人は淘汰され時代に取り残されていくことでしょう。

そういった観点からもベンカン東京営業所メンバーはフレッシュな顔ぶれでよりニューノーマルな活動を取り入れて営業を行っています。

 

これからも宜しくお願いいたします。

〒143-8567

東京都大田区山王2-5-13 大森北口ビル

営業部 営業1課 東京営業所 TEL:(03)3777-1531/FAX:(03)3777-1500

 

後藤 祐亮(Yusuke Goto)  営業1課 東京営業所 所長

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ