MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

マネジメント「戦略共有」

  • 2019.02.08

|経営戦略

 

経営戦略とは、成長戦略が基本であると考えます。

逆に維持戦略とした場合、何事にも保守的になってしまい、良くて現状維持、場合によっては、それすらも覚束なくなるはずです。

成長戦略を立案する上で、ゴール(目的・目標)である「あるべき姿=ビジョン」が必要です。

そして、それを実現するためのKGI(Key Goal Indicator:キー ゴール インジケーター)を具体化する必要があります。

KGIが存在することで、それを達成するための行動指標であるKPI(Key Performance Indicator:キー パフォーマンス インジケーター)を設定し、マネジメントすることが可能となるからです。

経営戦略

 

小規模組織であれば問題ないかもしれませんが、ある程度の大きさの事業規模になると業務を分掌することになります。

分掌された各部署は、経営戦略から落とし込まれたKGIを担うこととなります。

 

ところが、ここに組織のコミュニケーション障壁を生み出す可能性があります。

つまり、「声を出さない。声を聴かない。」状態です。

 

組織を機能させるには、組織戦略を機能させることであると考えます。

それは、互いの立場で、互いの立場を理解し合って、「声を出す。声を聴く。」を徹底することに尽きると思います。

しかし、ここまでだとコミュニケーションの向上で終わってしまいます。

 

本当に大切なのは、この先であって、それは、「声をカタチにする。」ことであるはずです。

カタチとは、結果です。

結果には、成果だけではなく失敗もありますが、それでも、結果を出すことに拘らないと成長につながらないと考えます。

マネジメント「声をカタチにする。」

 

|戦略共有の場

 

ベンカンでは、各戦略を共有する場として方針説明会、戦略発表会、戦略技術案件プレゼン、経営理念勉強会などを開催しております。

 

方針説明会は、年度初めに、ベンカングループの全管理職が出席して開催されます。

ここでは、各社の年度方針が発表され、グループ全体で共有する場となります。

 

戦略発表会は、ベンカンの経営戦略を各署および各課に落とし込んだ部署戦略を共有する場となります。

戦略技術案件ブレゼンは、特に開発技術に特化した案件の進捗状況を共有する場となります。

戦略発表会ならびに戦略技術案件プレゼンは、より具体的な戦略あるいは戦術部分となってきます。

そのため発表者側からの一方的な情報発信にはなりません。

聴取者側としても、納得するまで、質問や要望などが飛び交います。

その場では、互いが納得するまで議論を交わし、何らかの決定を導き出すことが重要となってきます。

 

コミュニケーション「・・・喧嘩だ」

 

その他、全従業員を対象に年2回の受講を義務付けているのが経営理念勉強会です。

経営戦略を役職に関係なく従業員と一気通貫に共有する場としています。

 

ベンカンにとっての環境は、著しく変化しています。

一度立案した経営戦略が、こちらの都合に合わせて環境に適合する保証などありません。

故に、従業員に対して、一度伝えたくらいで、共有できているなどと軽く考えることなく、要所要所で共有する場を設けて行きたいと考えます。

 

経営理念勉強会

 

 

21317420_889474737895519_2745838474918736262_n

 

我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 最高執行責任者(COO) 兼 執行本部 本部長

 

皆様の声 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ