MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

TOC活動「みずすまし」

  • 2018.07.25
  • カテゴリ: 製造|Manufacturing

▲TOCを提唱したザ・ゴール

|TOC活動

 

企業が目的(ゴール)の達成を成し遂げるためには、様々な機能のレベルアップが求められます。

 

しかし、必ず、それを妨げる様々な因子があるとされています。

そのために、組織では、それらを共有の制約条件(Constraints)として可視化させ、改善に取り組むことが必要となります。

 

多くの製造の現場で、取り組まれているのがTOC活動です。

TOC活動では、ボトルネックとも呼ばれる制約条件を特定して、その処理能力を高めることで多くのスループットを生み出します。

 

※スループット=販売を通じて得る収入

 

TOC(制約理論)

 

|みずすまし

 

工場の工程におけるボトルネックの前には、余剰の仕掛が溜まります。

 

TOC活動では、ボトルネックの処理能力を高めることで、工程の流れをスムーズにさせるために様々な手段を講じます。

仕掛の基準は、「欠品しない。かつ最大在庫量を最小化すること。」です。

 

▲みずすまし役が仕掛を横持ちして供給する

その手法の一つが「みずすまし」です。

 

「みずすまし」とは、水面を素早く動き回る昆虫の例えで、常に次工程の状況を把握して、適正な量の仕掛品を供給して回る役割のことです。

 

例えば、一人の作業者が、前工程からの仕掛品を横持ちして受け取り、作業を行い、次工程に仕掛品を横持ちして渡す工程の場合があります。

この場合、一人で作業と横持ちを行いますので、どうしても、作業の捗り具合で仕掛の受け取りが左右されたり、一定量の仕掛を溜めてから、次工程に仕掛を渡すことになってしまいます。

 

これでは、仕掛が必要以上に溜まるばかりではなく、不効率な横持ち作業をも発生させていまいます。

そのため、工程内に属しない「みずすまし」役を設けて、仕掛が溜まって、次工程が休止することのないように、常に巡回して分配するのです。

 

とは言え、「みずすまし」は、ある意味、人海戦術です。

しかし、この取り組みをすることで、傾向を把握することができますので、今後の自動化やIoT化などにも活かすことが出来ると考えます。

 

 

|ボトルネックとは

 

▲ボトルネックに焦点を当てて特定する

ボトルネックと言うと、悪者の様に捉えられがちですが、それは、単なる「事象」でしかありません。

翻せば、ボトルネックは存在して然りなのだとも言えます。

 

大切なのは、「焦点化の原則」の如く、常にボトルネックを特定するという目的に焦点を当てることです。

そして、特定したボトルネックの処理能力を高める。

ボトルネックの処理能力が高まることで、現れるであろう、新たなボトルネックを特定する。

そして、また、特定したボトルネックの処理能力を高める。

このサイクルを放置することなく、継続し続けることが大切なのかと考えます。

 

工場全体の生産能力は、ボトルネックの能力に左右されるからだと言うことを理解しなければなりません。

そして、ボトルネックにも、様々な特性がありますので、それに見合った解決手法を講じて行くことが大切となります。

 

 

Phone 皆様の声

Takehiko Wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ