MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

ニュースリリース

社長挨拶(2016.08.01)

  • 2016.08.01

お客様各位

 

拝啓 皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

日頃は格別のご高配を賜り、心より御礼申しあげます。

 

さて、株式会社ベンカンは、1947年に前身の日本弁管工業株式会社が創業して以来、配管継手の製造販売をコアビジネスとして事業展開を行ってまいりました。

その間、作れば売れる時代から、良いものを作れば売れる時代へ遷り、さらには海外製品の流入によって安ければ売れる時代に偏りつつありました。

対して、プロダクト・アウト軽視の傾向への偏りも見受けられますが、ベンカンでは、敢えて〝モノづくり〟あるいは品質に拘ったご提案をさせていただきました。

結果的に多くの皆様方からのご理解とご支援、ご鞭撻により、ベンカンの溶接式管継手やメカニカルジョイントは、戸建住宅・集合住宅などの住まいやホテル、商業、インテリジェントビル、病院などの多様化する各施設、発電・ガス・石油精製・造船などの基幹産業やプラントなどの各種配管に幅広くご利用いただけるまでになりました。

 

そして、新たなステージとして、この度、グループ内の分社化により、株式会社ベンカンは、メカニカルジョイント事業に特化することになりました。

メカニカルジョイント事業は、これまで、「ステンレス配管のベンカン」として、管工機材市場に様々なご提案を実施させていただいておりますが、これからも根幹であることに変わりません。

しかし、これまで以上に「スピード」感を高め「徹底」して推進する姿勢を強めてまいりたいと考えております。

 

今日の外部環境を見た場合、不透明な需要予測、オリンピック需要、震災の影響、新興国の目覚ましい経済発展、為替変動など短いピッチで大きく変化しています。今後もこの傾向が加速することは間違いないことであることから、外部環境を意識したマーケット・イン思考のマーケティング戦略の強化に努めます。

その意味合いからも、継続して掲げているスローガン「知恵と勇気を持って 変化にチャレンジしよう!」は、おかれた環境の変化を意識して、それに立ち向かうために自らも変化し、様々な課題にチャレンジする想いの信念、価値観となっております。

今後も現状に満足することなく、従業員一人一人が高い意識を持って取り組む、存在感のある企業づくりを目指してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

2016年8月1日

 

株式会社 ベンカン

代表取締役社長 兼 

最高経営責任者(CEO)

岡本 昭三 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ