MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

ニュースリリース

メンタルヘルス研修

  • 2014.07.13

1テレビや新聞報道で企業内での〝メンタルヘルス〟の問題が大きく取り上げられております。

〝メンタルヘルス〟の疾患者が出ていなくても、その要素のあるストレスを抱えた職場では、注意力の散漫から労働災害の発生につながる可能性も高まります。

 

安全衛生委員会では、「メンタルヘルス研修会」を本社(群馬県太田市)にて実施しました。

「ケアの4K」というテーマで、大小原利信先生(株式会社ラポール企画)に約2時間、ご講義いただきました。

 

 

2

「4K」とは、コミュニケーションの4原則とも言われ、「気配り」、「気づき」、「声掛け」、「傾聴」の実践のことです。

コミュニケーションがうまくいっていると職場であれば、メンタルヘルス問題の発生自体も少ない傾向にありますし、仮に問題があっても早期に発見することができます。

 

コミュニケーションの状態を確認するために2人1組となってワーク(体験学習)も行いました。

 

 

「ワークでは、聞き手の状況を ①石になって聴く(完全無視)、②文字を書きながら聴く(仕事をしながら)、③相槌を打ちながら聴く(共感する)とパターンを変えて、話し手がそれをどう感じるかを体験し、メンタルヘルス問題を未然に防ぐためにもコミュニケーションが如何に重要かを再認識しました。」 管理課 中島

 

3聞く側が完全無視したり、仕事をしながら対応されると、楽しい話をしようとしても、意味のない話をしている気がして、話す気がだんだん失せてきます。

逆に、うなずき、あいづち、アイコンタクトしながらの「4K」を実践した場合は、会話もスムーズですし、楽しくなって来るはずです。

 

「ストレスには自覚意識のないものもあることや自分が発した言葉や態度で相手にストレスを感じさせてしまうこともあると分かりました。講義を聞けば聞くほど思い当たることを痛感しています。 今後は職場内でのコミュニケーションを大切にしてストレスを減らしたいと思います。」品質管理課 加茂

 

今回の研修を通して、あらためて認識できたのが、どんな取り組みにおいても組織における成功へのキーワードは「コミュニケーション」であると言うことです。

4コミュニケーションの法則とも言われる〝メラビアンの法則〟では、メールなどの「言葉」 だけでは7%しかコミュニケーションを取る条件が整わないと言われています。

しかし、電話などで「会話」が加わると45%(7%+38%)に条件が高まります。

そして、対面することによる「表情(身体表現)」が加わることで、自己開示効果によって、やっとコミュニケーションが取れる条件が100%(45%+55%)整うと言われています。

 

コミュニケーションが大切なのは誰でも理解していることだとは思いますが、簡単ではないことも同時に理解し、意識して取り組んでいただきたいと思います。

そして、それが職場からの〝メンタルヘルス〟問題や労働災害の撲滅につながると考えております。

 

管理課 中島

 

1


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ