MENU

  • Facebook
  • Twitter

ニュースリリース

2018年 BV1工場決起大会

  • 2018.04.27

|決起大会の開催

 

ベンカンの製造拠点は、国内のMJ工場(群馬県太田市)とベトナムのBV1工場となっております。

そのBV1工場おいて、「2018年度決起大会」を開催しました。

ベンカンでは、その年度始めであり、年の始めである1月に決起大会を行っています。

しかしながら、ベトナムは旧暦であることから、毎年、3月に決起大会を実施しております。(2018年の元旦は2月16日)

また、今年は、併設となるグループ会社 株式会社ベンカン機工のBV2工場との合同決起大会となりました。

 

例年通り、日本から代表取締役社長 兼 最高経営責任者 岡本昭三(画像:左)と取締役 兼 最高執行責任者 我妻武彦(画像:右)の二人が出席して開催することができました。

 

 

 

 

二人からの訓示の中では、特に岡本社長からの「BV1工場の製品の品質向上が著しく、ベンカングループの中で最も飛躍している部門である」とお褒めと感謝の言葉をいただいたことが多くの従業員の印象に残ったようでした。

また、今後のBV1工場のあるべき姿、2020年までの中期的目標をあらためて、岡本社長から直接お話いただけたことも有意義でした。

 

 

|従業員表彰式

 

同時に行われた表彰式では、昨年度の「生産性向上」や「スキルアップ」等の実績から、特に優秀であった従業員が表彰されました。

今回、BV1工場からは5名が受賞し、岡本社長から直接、表彰状の授与を受けました。

今年は、表彰された全員が現業スタッフであったことが特筆すべきところであり、BV1工場の現場力の高まりを象徴する結果となりました。

また、普段、人前に出る機会の少ない受賞者たちにとっては、計り知れないくらいの緊張だったようで、その姿に感動を覚えました。

 

 

 

 

「岡本社長から表彰状をいただいた瞬間、感動しました。皆様ありがとうございます。これからも更に頑張ります。」塑性品製造管理課 切断グループ カー(KHA)

 

「表彰いただきありがとうございます。従業員にレベルアップの機会を作っていただき嬉しく思っています。これからも、さらに頑張ります。」塑性品製造管理課 成型グループ リン(LIN)

 

「目標を達成するために最善を尽くしてきた結果を評価いただき大変光栄に思います。更に優れた結果を残せるよう最善を尽くします。これまで、私を支持し、信頼してくれたすべての皆さん位に感謝します。ありがとうございました。」鋳造品製造管理課 鋳型成型グループ タイ(TAI)

 

「受賞することが出来て嬉しいです。しかし、皆さんの助けがなければ、こんな成績は残せていなかったと思います。まだ、できないことがたくさんがあると思いますが、これからも頑張ります。」鋳造品製造管理課 検査グループ ニュット(NHUT)

 

「受賞ありがとうございます。入社当時は、とても辛く、何度も辞めたいと思いました。しかし、そんな時も家族の様な仲間に助けられ、今では自信を持って仕事が出来るようになりました。

今回の受賞は、皆さんのおかげです。もう一度感謝します。そして、これからも頑張りますので、宜しくお願いします。」鋳造品製造管理課 鋳造グループ フック(PHUOC)

 

今後も、この5人は当然ながら、BV1工場の全従業員が表彰に値する様な素晴らしい働きをしてくれると期待しています。

 

 

|BV1工場への期待

 

また、決起大会を統括長のビンが締める挨拶をしてくれました。

「ベンカンは、今後も、より大きな目標を達成すべく発展して行きます。そのためにも、BV1工場が、より重要な生産拠点として、皆さんの期待に応えるべく、努力をし続けていきたいと思います。そして、必ず達成させることを約束いたします。」

 

ベンカン社内で、BV1工場に対する期待が大きくなるに連れ、責任も重くなっております。

従業員一丸となって期待に沿えるよう邁進致しますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

篠田

 

 篠田 直明 (Naoaki Sasata) BV1工場 工場長

 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ