MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

TQM(総合品質マネジメント)

  • 2017.02.24
  • カテゴリ: 品質|Quality

|品質管理

 

モノづくりにおいて、「品質保証(Quality Assurance)」は基幹部分であり、だからこそ、「品質のつくり込み」による「品質管理(Quality Control)」の追求に取り組んでおります。

「品質のつくり込み」とは、顕在化した品質の問題を対処するだけではなく、その根本から改善することで、そもそもの品質の問題が発生しない体質、つまり安定した信頼度の高い品質にすることです。

 

従来は、ややもすると製造工程後の「検査」活動にばかり依存した「品質管理」の傾向にありました。

「検査」とは、製品の質が、あらかじめ定められている規格要求事項と比較し、適合しているかを、計器類(測定器やゲージなど)を用いて判定することです。

 

しかし、「検査」に依存させ過ぎると、品質トラブルが発生する度に強化することになり、結果的にダブルチェック(二重検査)、さらにはトリプルチェック(三重検査)まで横行していまいます。

それは、検査工数の増大によって、過剰な品質となってしまうかもしれません。

さらには、検査員1人当たりの検査項目の増加により、すべての検査項目を確認し切れず、逆に不良品(不適合品)を見逃してしまう危険性もあります。

 

そのためにも、ベンカンでは「TQM(Total Quality Management)」を参考に品質保証体制の再構築に取り組んでおります。

検査のあり方

 

ベンカン品質

|源流管理(Source Control)

 

「TQM」の再構築には、まず、「源流管理(Source Control)」の積極的な導入です。

「源流管理」とは、企画、開発、設計などの源流に、より近いところにおいて、製品や機能、システムの問題、課題を未然に発見し解決して行くことです。

 

源流の主旨は、4つあります。

(1) 上流 : バリューチェーンのより上位

企画、開発、設計、前工程などのバリューチェーンのより上位であればある程、モノごとが固まる前のために対策が可能となる

(2) 早期 : 時間軸の早い段階

時間軸で対処が早ければ早い程、被害は最小限に抑えられ、対策の時間も多く取れる。

(3) 原点 : 問題原因 ・ 本質

上流や早期に対策したところで、場当たり的な対処療法では、その場凌ぎにしかならないため、問題原因、そのものをなくすような対策が必要。

(4)   源   : 価値の起源

どんなに苦労して開発した製品や機能であっても、それが顧客にとって価値があるものなのかのあり方にまで遡って考える。

 

 

|アフター管理

 

 

また、従来は、品質と言えば、工場や技術の範疇と考えられる傾向にありました。

しかし、ベンカンが取り扱う配管は、現場での施工が伴って初めて性能を発揮することになります。

つまり、顧客の手に渡ってからの品質も見逃すことは出来ません。

これを「アフター管理(After Control)」と位置付け、現場での施工講習会の開催や顧客の「皆さまの声」を大切にするなどを徹底しております。

 

施工講習会の実施

 

|TQM(総合品質マネジメント)

 

TQM

「TQM」とは、「総合的品質マネジメント」といわれる通り、従来の「品質管理」にばかり依存するのではなく、顧客満足(CS)を核として推進されます。

つまり、ベンカン品質の追求は、上流の「源流管理」から「品質管理」そして下流の「アフター管理」までのバリューチェーンの最適化と向上によって、「品質のつくり込み」を行うことです。

 

「検査」で仕分けすることで、不適合品の流出を防ぐのではなしに、「検査」の段階で不適合品がない状態をつくらねばなりません。

現実的には、不適合品が流出してしまった時の影響の大きさを考えると、「検査」の重要性は疑う余地がありません。

しかし、ベンカンが目指すのは、「検査」を可能な限り不要にできる安定した「品質のつくり込み」です。

それを顧客の皆様にお約束できる「品質保証」体制を追求して参ります。

 

 

Phone 皆様の声
takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ