MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

BKジョイント「片ソケット90°エルボ」

  • 2016.01.06
  • カテゴリ:製品|Products

配管とは限られたスペースにあって、その機能を発揮させるために、配管継手には配管をコンパクトに納めるための役割も課せられます。   一般配管用ステンレス鋼鋼管対応の拡管式継手である「BKジョイント」の「片ソケット90°エルボ(K90SE)」は、エルボ返しをコンパクトに納めるためのアイテムです…続きを読む

施工上の注意(ワンタッチ式)

  • 2015.11.18
  • カテゴリ:施工|Construction

ベンカンのメカニカルジョイントの接合工法は、「プレス式」 、「拡管式」 、「ワンタッチ式」の3工法に分類されます。 各工法、それぞれに異なる特徴を持ち合わせていますので、施工上の注意点も違ったものになります。   「ワンタッチ式」の施工上の注意を最近の事例を基に促させていただいております。…続きを読む

施工上の注意(拡管式工法)

  • 2015.10.15
  • カテゴリ:施工|Construction

ベンカンのメカニカルジョイントの接合工法は、「プレス式」、「拡管式」、「ワンタッチ式」の3工法に分類されます。 各工法、それぞれに異なる特徴を持ち合わせていますので、施工上の注意点も違ったものになります。 最近の事例をご紹介させていただきながら、「拡管式」の施工上の注意を促させていただきます。 &n…続きを読む

消火設備 連結送水管

  • 2014.10.28
  • カテゴリ:製品|Products

元来、ステンレス配管は、プラントなどの特殊な配管で使用されていました。   それが、「メカニカルジョイント」や「SUパイプ(JIS G 3448)」の開発により、住宅やビルの給水・給湯などの一般配管にも普及しました。   そして、近年、新たに消火設備の配管にも用途を広げ始めていま…続きを読む

ランチェスター戦略

  • 2012.08.30
  • カテゴリ:経営|Management

|ランチェスター戦略とは   戦略と言えば、今から2,500年前に書かれたとされる「孫子の兵法」が有名です。 そして、それまでの実戦を元にした定性的な戦略に、科学的な理論を加え体系化させた近代戦略の先駆けが「ランチェスター戦略」だと言えます。   第一次世界大戦の頃、戦闘機の開発…続きを読む

JIS品質管理責任者

  • 2012.04.10
  • カテゴリ:品質|Quality Assurance

ベンカン製品は、その用途により様々な規格の認定・認証を受けております。   日本人にとって馴染み深い規格と言えば、「JIS」ではないかと思います。   「JIS」とは、 Japanese Industrial Standards の略称であって、正式には、「日本工業規格」であり、…続きを読む

BCP(事業継続計画)

  • 2011.10.01
  • カテゴリ:経営|Management

企業において、事業の継続は顧客との大切な約束となります。 そのために、事業継続を阻害する緊急事態が起こらないように、その原因となる事象の防止策を検討する「リスク管理(Risk Management)」と緊急事態の発生を想定して、その影響を最小限に抑制すると共に、早期復旧策を検討する「危機管理(Cri…続きを読む

マネジメント

  • 2011.09.15
  • カテゴリ:経営|Management

|企業のマネジメント   1の個が、10集まれば、その能力は10であって然りです。 しかし現実的には、8であったり、6であったり、場合によっては、マイナスになることだってあります。 逆に、12であったり、20であったり、50になる場合もあります。   この組織の能力を左右するのが…続きを読む

ステンレス鋼とは・・・

  • 2011.08.10
  • カテゴリ:知識|Knowledge

|ステンレスとは・・・   ステンレスのことを「ご存じですか?」とご質問した場合に、多くの皆さまが「知っている」とお答えすると思います。 まだまだ歴史の浅い金属ではありますが、私たちの生活の中で、それだけ、なくてはならない存在になっています。   しかしながら、ステンレスとは、「…続きを読む

LED(発光ダイオード)

  • 2010.10.01
  • カテゴリ:技術|Technology

恐れ入りますが、移設しましたので [クリック] して、お進みください。

10 / 10« 先頭...678910

最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ