MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

マーケティング

  • 2016.05.11
  • カテゴリ: マーケティング|Marketing

|企業の目的

 

20110602135007

さすがに現代経営で、企業の目的が「利潤の追求」であると答える方は少ないと思います。

企業とは社会的な価値を提供すべき存在であり、利益は、その過程で必要なものでしかありません。

 

企業とは社会を構成する一員である以上、その社会、同じく一員であるコミュニティや顧客のニーズに応えるために存在するのだといわれます。

翻せば、ニーズに応えられない企業は社会の中から淘汰されることになります。

 

故に、P.F.ドラッカー氏は、その著書の「マネジメント 基本と原則」の中で、企業の目的を「顧客の創造」と定義づけています。

そして、「顧客の創造」のための第一の機能は、「マーケティング」であるのだと著書の中で紐解いています。

 

マネジメント

 

 

|マーケティングとは・・・

 

「マーケティング」ですが、未だに日本では、複雑に考えられており、市場調査のことだとか、営業だけのことだとか誤って捉えられている方々が少なくありません。

 

事実、JMA(財団法人日本マーケティング協会)では、次の様に定義しています。

「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。(1990年)」

実に分かり難い表現であると思います。

 

対して、第一人者たちの言葉はシンプルです。

先出のP.F.ドラッカー氏は、「マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。」と示しています。

また、フィリップ・コトラー氏は、その著書である「コトラーのマーケティング・マネジメント ミレニアム版(2001年)」の中で、実にシンプルに「ニーズに応えて利益を上げること」と定義しています。

また、日本の代表としては、理央 周 氏が、その著書である「なぜか売れるの公式(2014年)」の中で、「自然に売れる仕組みをつくること」と定義されています。

 

 

|実践マーケティング

 

何事にも言えるのは基本です。

マーケティングにも基本と呼べる理論が複数存在します。

 

マーケティング理論

PEST分析、3C分析、5つの力、イノベーター理論、

SWOT分析、セグメンテーション、ターゲティング、

ポジショニング、マーケティングミックス、プロダクト

ライフサイクル、PPM、ローンチマネジメント、ブラ

ンディング、プロモーション、ランチェスター戦略・・・

 

 

 

 

 

しかし、基本的な理論が実際に使えるかといえば、ほとんど使えないと思います。

企業において、営業部門とマーケティング部門が対立関係にあるケースがあります。

その多くは、現場しか知らない営業部門と現場を知らないマーケティング部門の対立だからなのだと思われます。

 

実際には、マーケティングは、単なる道具や手段ではないということです。

ある意味、営業そのものがマーケティングとも取れます。

また、マーケティングを推進するのは、営業だけではありません。

製造、管理、品質、技術、開発など様々な部門との連携を取れて初めて成果に結び付けることができます。

それを考えると、経営そのものがマーケティングとも取れるかもしれません。

 

 

 

Phone 皆様の声
takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ