MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

マーケティング「デマンドジェネレーション」

  • 2020.05.21
  • カテゴリ: マーケティング|Marketing

|マーケティング

 

企業は、目的を持った存在です。

マネジメントで知られるP.F.ドラッカー氏は、その著書の「マネジメント 基本と原則」の中で、企業の目的は「顧客の創造」と提唱されています。

そして、その目的を果たすための第一の機能が「マーケティング」であるのだと紐解いています。

 

「マーケティング」ですが、未だに日本では、複雑に考えられており、市場調査のことだとか、営業だけのことだとか誤って捉えられている方々が少なくありません。

 

対して、ドラッカー氏は、「マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客(customer)に合わせ、おのずから売れるようにすることである。」と説いております。

 

しかしながら、日本のマーケティングは、先進国であるアメリカとくらべて15年程、遅れているといわれています。

そもそも50年前に日本に入ってきたマーケティングとは、リサーチ(市場調査)でした。

その後、ブランディングなどと呼ばれる部分が取り組まれ現在に至ります。

 

しかし、ブランディングで、ダイレクトに売れるのは、BtoCのビジネスモデルです。

つまり、企業がダイレクトに顧客(customer)に販売することです。

 

ところが、BtoB、つまり、企業(business)が企業に販売するビジネスモデルでは、そう単純なものではありません。

実は、遅れているというのは、このBtoBのビジネスモデルにおいて、ブランディングから、営業につなげるための営業案件を創出するたのマーケティングだといわれています。

 

マーケティング「ブランディング」

 

|営業案件の創出

 

マーケティングの考え方の中で、消費者が商品やサービスを購入するまでの心理状態のプロセスを法則化したのが、AIDMAモデルです。

 

AIDMA(アイドマ)モデルとは、Attention(注意)、 Interest(興味・関心)、Desire(欲求)、 Memory(記憶)、 Action(行動)の頭文字を取ったものです。

また、これらを「認知段階」、「感情段階」、「行動段階」と大きく3つに分類します。

 

BtoCの場合、 「行動段階」が目的となりますので、ブランディングによる「認知段階」からダイレクトにつながりやすいといえます。

 

対して、BtoBの場合は、「行動段階」は何らかの課題を解決するための手段となります。

そうなると、ブランディングによる「認知段階」から、「行動段階」につなげるには、「感情段階」の取り組みが重要となります。

 

そこで、最近、BtoBマーケティングで必要性を論じられるようになったのが、ブランディングによる「認知段階」にある見込み客を「感情段階」、そして限りなく「行動段階」まで育成する活動ともいわれています。

 

マーケティング「AIDMAモデル」

 

|デマンドジェネレーション

 

ブランディングによる認知段階にある見込み客を「感情段階」、そして限りなく「行動段階」まで育成する活動のことをデマンドジェネレーション(demand generation)といいます。

ここで育成した見込み客を案件として営業に渡す訳です。

 

右の図は、そのプロセスをファンネル(漏斗・じょうご)で表しています。

 

見込み顧客の[データ収集(リードジェネレーション]  > 見込み顧客の[啓蒙・育成(リードナーチャリング)] > 見込み顧客の[絞り込み(リードクオリフィケーション)]から成り立っています。

 

ブランディングといえるリードジェネレーションでは、インバウンドパーケティングともいわれるように、見込み客を呼び込みます。

具体的には、展示会、Web、営業の名刺交換などからえた見込み顧客のレスポンス情報を獲得します。

 

しかし、リードジェネレーションで獲得した見込み顧客情報は、BtoBの場合、即購入とはなり難いといえます。

そこで、獲得した見込み客に対して、有益な情報を提供することで、潜在的ニーズを探ります。

その上で、ニーズに応えられるような製品やサービスの情報を提供することで、見込み客の購買意欲を育成するのがリードナーチャリングです。

 

そして、育成した見込み客の中から、最も購買意欲が高いと思われる方々に絞り込んで営業に情報を渡してパーソナルアプローチにつなげるのがリードクォリフィケーションとなります。

 

重要なのは、必要ではない方に、無用な営業のパーソナルアプローチをしないということです。

これは企業側の生産性もそうですが、顧客側にとっても、煩わしい営業を受けずに済むことになります。

製品やサービスを必要としている見込み客にだけ営業する仕組みともいえます。

 

理想論と取られるかもしれませんが、今後のマーケティングに必要な仕組みになろうかと思います。

 

 

Phone 皆様の声
takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ