MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

カイゼン活動

  • 2019.03.06
  • カテゴリ: 知識|Knowledge

|カイゼンと改善

 

製造業において、一般的に使われる用語に「カイゼン」があります。

その原語は、「改善」です。

「改善」を検索してみると「悪い(劣った)ところを改めて、よくすること。」と出てきます。

対して、カタカナで表現される「カイゼン」にはどのような意味合いがあるのかです。

 

実は、「カイゼン」ですが、海外でも認められており「KAIZEN」と呼ばれて、多くの製造業で取り入れられているといいます。

しかし、「改善」なのであれば、「IMPROVE」などに訳して良いようなものです。

 

そもそも、「改善」とは、問題が発生する毎に、それを解決しようと取り組む行為です。

対して、「カイゼン」は、工場内で、常に作業効率や安全性の最善を追及する活動です。

また、その活動は、現場の作業者たちが中心となり知恵を出し合うこと点に特徴があることから、「改善」と区別されていると捉えて良いと思います。

 

 

|カイゼン活動

 

カイゼン活動の特徴は、目標に限界がなく、常に最善を追及し続ける活動であるということです。

 

1.標準

 

「カイゼン活動」を推進する上で必要不可欠なのが「標準 」の設定です。

「標準」とは、現時点で最善とされる方法や条件のことであり、決して、「現状」を意味するものではありません。

PDCAサイクルであれば、計画(Plan)にあたるのが「標準」です。

代表的な「標準」といえば、ST(標準作業時間:Structure of Standard Time)が有名です。

 

「標準」が設定されているからこそ、「現状」と比較したギャップが可視化され、目的を持った行動(Do)をすることが出来ます。

また、その結果(成果・失敗)と「標準」を比較して評価・検証(Check)することで、改善(Act)につなげることが可能となるといえます。

そのため、「標準」を設定する際には、関係者にその概念を理解、納得してもらうことが非常に重要となります。

故に現場の当事者意識を高めるためにも「標準」の設定検討段階から現場関係者を関与させることが必要です。

 

マネジメント「PDCAサイクル」

 

 

2.標準を目指した行動

 

設定された「標準」である状態を安定してキープできる状態である「あたりまえ化」の状態を追及します。

まず、「現状」と「標準」のギャップを可視化させ、その問題原因を仮説を含めて具体化させます。

問題原因を具体化させることで、その原因を解消するためのKPIを設定します。

KPI(Key Performance Indicator:キー パフォーマンス インジケーター)とは、「重要業績評価指標」のことであり、問題原因を解消するための行動指標のことです。

大切なのは、仮説であろうが、決定したKPIをやり切ることです。

KPIをやり切った上で「結果」と「標準」のギャップを評価・検証(Check)することで、KPIを見直しての改善(Act)行動が必要となります。

 

ロジックツリー

 

 

3.標準の進化

 

「現状」と「標準」のギャップを解消するためのPDCAサイクルを回し続けることで、「標準」の「あたりまえ化」は必ず実現できるはずです。

しかし、それで留まることなく、常により上の「標準」を設定してそれを目指すことで、現場を更に進化させることができます。

また、自分たちの現場だけを見ていても内向的な考えから、高い「標準」の設定に抵抗感が発生する場合もあります。

その際に有効なのが、他の現場や社外の「ベンチマーキング」も有効な取り組みとなります。

「ベンチマーキング(benchmarking)」とは、自らの組織にとって規範となる他の特定組織の優れた技法、手法、過程などを「あるべき姿=ベンチマーク」として捉え、それを真似る経営手法です。

しかし、最初から高すぎる「標準」を設定するのではなく、「現状」を把握した上で、どのレベルの「標準」を目指すべきかを協議して設定することが大切となります。

 

ベンチマーキング

 

 

|組織力の強化

 

「カイゼン」と「改善」の最も異なるところは、組織力の強化なのかもしれません。

そもそも「カイゼン活動」で掲げられる「標準」は、個人の努力だけで「あたりまえ化」できるようなものではないからです。

現場全体の価値を高めるための活動である以上、現場を構成する組織全体で取り組まなければ「あたりまえ化」は無理です。

場合によっては、他部署の理解と協力も必要となってきます。

実際、「カイゼン活動」によって、改善の実績が増えてくると、達成意欲が向上し、進化し続ける組織力が強化されるといわれています。

 

「カイゼン」を世界的に普及させたのは、日本の自動車メーカーであるとされています。

様々な学ぶべき取り組みがありますので、同じ日本の製造業としてベンチマーキングしてみることも大切だと思います。

 

コミュニケーション「・・・喧嘩だ」

 

Phone 皆様の声

Takehiko Wagatsum


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ