MENU

  • Facebook
  • Twitter

ニュースリリース

2019年仕事始め・年頭挨拶

  • 2019.01.07

初春のお慶びを 申し上げます。

旧年中のご愛顧を感謝致しますと共に、本年も皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

 

最高執行責任者(COO)の我妻です。

ベンカンは、本日、1月7日が2019年の仕事始めとなります。

 

始業の定刻からは、代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO)の岡本 昭三から従業員に対する年頭挨拶がありました。

その一部をご紹介させていただきます。

 

 

また、この後、管理職に対して、岡本の年頭挨拶を受ける形で、私の方からも今年の事業計画と方針を説明しました。

昨年の結果は、前年実績を上回る増収増益ではありましたが、高い事業計画を達成するには至りませんでした。

しかしながら、その結果に決して怯むことなく、今年も高い事業計画であるストレッチゴールを掲げました。

ストレッチゴール

 

そして、その事業計画を達成させるために推進する取り組みは、次の3つです。

 

1.マネジメントの徹底

マネジメント

 

2.エンパワーメントの徹底

壁マネジャーの存在意義

 

そして、昨年のスローガンであった「声を出す。声を聴く。」をもう一段ステップアップさせます。

 

3.声をカタチにする。

 

昨年は、組織のコミュニケーション力を高めるために「声を出す。声を聴く。」を徹底させました。

正直、全員が能動的に意見できるまでになったかと言えば、まだまだです。

しかし、受動的であれ、多く声が出るようになり、多くの声を聴くことができました。

ここは継続して声を出すことの重要性を訴え掛け続け、能動的な「声を出す。声を聴く。」組織へ導いて行きたいと思います。

 

その上で、2019年の課題は、その声をカタチにすることです。

ここでの声は、社内ばかりではありません。

顧客の皆様からの声も含めてのことです。

昨年は、声をカタチ、つまり、製品であったり、戦略、改善などへ具現化させるまでには、なかなか至りませんでした。

よって、この「声を出す。声を聴く。」そして、「声をカタチにする。」をエンパワーメントで推進したいと思います。

 

コミュニケーション「声を出す。声を聴く。」

 

是非、今年も「ステンレス配管のベンカン」を宜しくお願い申し上げます。

 

21317420_889474737895519_2745838474918736262_n

 

我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 最高執行責任者(COO) 兼 執行本部 本部長

 

皆様の声 


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ