MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

研究開発

研究開発の方向性

企業にとって、新しいモノ(価値)を創造する取り組みが「研究開発」です。

捉え方にも依りますが、研究開発は「基礎研究」と「開発研究」に分類できるかと思います。

何事でも同様ですが、基礎があって応用が成り立ちます。

研究開発であれば、地道で定型的な基礎研究があって、創造性の高い開発研究へと繋がります。

したがって、基礎研究を継続させることが、将来の「顧客満足」を左右することにもなります。

そして、企業の目的である「顧客の創造」の実現に大きく影響することになろうかと思います。

ベンカンも、経営資源を如何に有効活用できるか短期だけでなく中長期に向けて考えて参ります。

製品開発技術

「ものづくり」とは、既存製品の改良、新製品の開発に関わらず、顧客の求めるニーズや価値を理解し、それを実現した製品を提供することであると考えています。

 

製品開発においては、多様化するニーズや使用環境を考慮し、「設計」→「試作」→「検証」を繰り返し行い、規格基準値に合格することは元より、より厳しいレベルの性能の確保を目指して取り組んでおります。

 

test: test:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では、2次元では表現できない複雑な形状のものも、3次元CADや3Dプリンターの導入により、設計や試作段階で形状確認が可能となっております。

 

製品開発に3次元測定器を使うことによって、製品の精度アップと、これによる信頼性アップに努めております。


他にもメカニカルジョイントで性能に大きく関係するシール材に関しても、調査・検証・評価を実施し、用途や環境に応じたシール材の改良、開発を進めております。


 

日進月歩の製品設計ソフトやハードの新技術が目白押しですが、根幹は技術者という「人」が動かす道具に過ぎません。

その「人」を育てることが製品開発であるとベンカンでは考えてます。

製造設備技術

製造技術においては、日々、既存設備の改善、改良や新規設備の開発、導入による生産性の向上、品質の確保に努めております。

製造技術は製品製造における根幹の部分です。

長年、蓄積された技術と経験により、現場作業の安全性向上は元より、顧客が必要な時に必要なものを安定した品質で提供できるよう努めております。

 

Facebook

詳しくはこちら

Facebook

詳しくはこちら

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ