MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

市場開発

オープンイノベーション

共同研究開発として、企業や大学・研究機関、起業家など、外部から新たな技術やアイデアを募集・集約し、革新的な新製品(商品)・サービス、またはビジネスモデルを開発するイノベーションを指します。

経緯

この数年ベンカンにおいては、開発部を窓口として、数多くのオープンイノベーションを各階層のユーザー様と実施して参りました。

 

新規市場創設、特殊用途製品開発、既存製品改良による新規用途開発、産学連携製品&市場開発等々ユーザーとプロジェクトを並走的に立ち上げて実施しています。

TRY & ERROR

①新規市場創設

全く新しい市場を創造するチャレンジで、自由だけれども全くの無から有を作り出すプロジェクト

 

②特殊用途製品開発

特殊用途に特化した問題解決型プロジェクト

 

③既存製品改良による新規用途開発

既存製品を改良することにより、違う用途で使える改良プロジェクト

 

➃産学連携による製品と市場開発

大学とのオープンイノベーションで、理論構築と設計を大学で実施し、ベンカンで製品として「カタチ」にするだけでなく、市場を創造するプロジェクト

実践!

進捗が良好なのは、携わる一人一人が役職や博士などの肩書に捉われることなく、フラットな立場で建設的な意見を討議し、且つお互いをリスペクトし合える関係性を保てているからです。

 

逆に上手く行かないのは、「上から目線が邪魔するオープンイノベーション」(引用:日経ビジネスON LINE 7月4日版 記者の眼)で紹介されてる、「大企業が独り善がりな発想のままアイデアを募っても、社外のフレッシュな発想力を取り入れられず、不発に終わることも多い」(中省略)「スタートアップを下請けのように扱う」との指摘の通り、このパターンでプロジェクトが迷走しはじめ、時間ばかりが経過して、最終的には目的すらあやふやとなり、成果物が何も見出せずにフェードアウトしていくことです。

今後の方向性

実践で経験してきた通り、ベンカンで取り組むオープンイノベーションは、「何をするのか?」も大事ですが、「誰が参加するのか!」がそのプロジェクトを成功させるか否かを図る、非常に重要なファクターとして進めて行きます。

 

是非、ユーザーの皆様! ベンカンとフラットな関係構築で全く新しい市場や製品をオープンイノベーションで創造しようと思われる方は、声をおかけ下さい。

ベンカンは必ず成果物をお届けします!

開発サービス課

〒143-0016 東京都大田区山王2-5-13 大森北口ビル

営業部 開発営業課       TEL:(03)3777-1531/FAX:(03)3777-1500

Facebook

詳しくはこちら

Facebook

詳しくはこちら

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ