MENU

  • Facebook
  • Twitter

皆様の声

「西澤設備工業」様

  • 2016.09.12

ミッションベンカンでは、実際に製品を取り扱いいただく需要家の皆様の生の声を積極的にお伺いさせていただいております。

 

「西澤設備工業株式会社」の西澤社長様との出会いも、ホームページからいただいた、一件のお問い合わせからでした。

 

当時は、札幌市内の某現場にて、ステンレス配管「BKジョイント」をご採用いただいており、実際にご使用いただく中で、改良すべきポイントなどのアドバイスをいただくことが出来ました。

 

「西澤設備工業」様は、札幌市内の現場を中心に道内各地の給排水衛生設備工事、冷暖房空調設備工事を請け負われており、他にも ステンレス鋼鋼管・鉄管等の加工管製作や各種溶接工事も営まれております。

 

西澤設備工業1その多種多様な経験と場数の多さは相当なものだと思います。

 

お恥ずかしながら後から分かったのが、ベンカンが各現場で実施しているメカニカルジョイントの施工講習会の名簿を確認すると、様々な現場で何度も「西澤設備工業」の皆様に受講いただいておりました。

 

そんな西澤社長様の信条は、「依頼のあった仕事は全て請負い、疑問があれば徹底的に調べ上げる」ことだそうです。

 

それは、若いうちから この業界に飛び込み、関係者との信頼を最も大切に積み上げてきたからこそだと思います。

 

施工一覧実際に何度もベンカンのメカニカルジョイントを取り扱いいただき「BKジョイント」だけではなく、「ダブルプレス」「モルコジョイント」「CUプレス」に至るまで、本当に熟知されております。

 

それだけに、そのアドバイスは真に迫っており、一言一言から西澤社長の熱心さがヒシヒシと伝わってきますので、こちらも気を抜くことができません。

 

その様なお付き合いが始まり、現在では、Facebook札幌のページをフォローいただいたり、展示会に顔を出していただいたり、最近では終業後にお邪魔して詳しくお話しを伺うまでのお付き合いをさせていただいております。

 

西澤設備工業「西澤設備工業株式会社」様ですが、これまでの実績から2016年6月30日に法人化され、新たなスタートを切られております。

 

そんな西澤社長様からお言葉を頂戴いたしました。

 

 

「ベンカンさんの製品は昔からよく使ってます。現場によって特長の違う継手を使い分けることができるので重宝しています。

当社のような少人数の会社の場合、ベンカンさんの製品のような施工性の良さが勝負の鍵を握っているので、かなり助けられていますね。

現場の要望についても親身になって話を聞いてくれるし、改良も怠らないので今後はもっとよい継手ができることを期待します。

西澤設備工業4私自身、若い頃から見慣れていたBENKANというメーカーの営業マンと直接対話できたことはすごくプラスになりました。

私は、過去の技術を継承しながら常に新しい物・新しい技術に目を向け発展し続けたいという思いが強いので、若輩者ではありますがこれからも生意気に意見は言い続けます(笑)

いつまでも【現場の声が届き、フィードバックしてくれるメーカー】であり続けていただきたいです。」

 

西澤社長様、ありがとうございます。

 

ベンカンのミッションは、「現在だけでなく未来を考えた配管の開発と供給を通して信頼あるライフラインの構築を提案する」です。

 

社長のお言葉一つひとつがヒントになり、ミッションを達成するための原動力となります。

 

成長、発展をご一緒できますように全力で取り組み続けさせていただきますので、これからも、どうか宜しくお願いいたします。

 

西澤設備工業3西澤設備工業株式会社

札幌市北区新川3条20丁目1-23

TEL:011-788-4526

URL:http://www2.hp-ez.com/hp/nishizawasetsubi/page1

 

 

 

 

 

 

 

miyamoto

 

宮本 太(Futoshi Miyamoto) 営業部 営業1課 課長 兼 札幌営業所 所長


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ