MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

ベンチマーキング

  • 2017.07.25
  • カテゴリ: 経営|Management

|改革や革新

 

改革や革新という言葉を良く耳にしますが、この言葉で尻込みする人も少なくないかもしれません。

しかし捉え方ですが、改革は規模の大きな改善であり、革新は規模の大きなアイデアではないかと思います。

情報化時代の現代、参考にすべき事例がたくさんあります。

例えば、「アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ」といわれます。

既存の良い事例を見つけ出し、それを受け入れて学んだ上で、如何に自分たちにとって最良の形にアレンジできるかだと思います。

 

アイデアの創造

 

|ベンチマーキング

 

jacket_service2

経営手法において取り上げられるのが、「ベンチマーキング」です。

「ベンチマーキング(benchmarking)」とは、自らの組織にとって規範となる他の特定組織の優れた技法、手法、過程などを「あるべき姿=ベンチマーク」として捉え、それを真似る経営手法です。

「ベンチマーク」の語源は、土地測量に使われる土地の高低などの基準を意味するものです。

 

人には、現状を現状のまま維持したいと思う無意識の欲求があるとされています。

つまり、改革や革新を推進する上で、必ず、この現状維持バイアスと対峙することになります。

その際、何も比較するものがなければ、結局は、最初は大きく掲げた改革も革新も、いずれ形骸化し、消滅してしまうはずです。

 

ところが、現実として存在する「ベンチマーク」と比較された場合はどうかです。

これにも抵抗する存在はあろうかと思いますが、余計なことを考え過ぎて行動しないのではなく、とにかく真似てみることが大切だと考えます。

 

現状維持バイアス

 

|ベストプラクティス

 

しかし、勘違いしてならないのは、「ベンチマーク」が最終目標ではないと言うことです。

あくまでも、指針ですので、必ずしも自らの組織にとっての「あるべき姿」であると限ったことでもありません。

そこで、「あるべき姿」に向けて取り組むのが、「ベストプラクティス(best practice)」ではないのかと考えます。

これは、自らの組織にとって規範となる優れた様々な「ベンチマーク」などから良いところだけを取り入れる目標経営手法です。

 

手順として、まずは、一つの「ベンチマーク」に対する「ベンチマーキング」に取り組み、一定レベルを目指す。

一定レベルに達したところで、継続すべきか、新たな「ベンチマーク」も取り入れて行くかをPDCAサイクルを回すイメージで評価・検証、検討をすべきかと思います。

「ベンチマーク」は、一つ一つが成功事例です。

ことなる「ベンチマーク」を融合させることは、相乗効果により成果を高められる可能性があります。

反面、バランスを崩してしまい逆効果になる可能性もありますので慎重なチョイスが必要と考えます。

 

「ベンチマーキング」が量としたら、「ベストプラクティス」は質を高めるための経営手法と捉えても良いのかもしれません。

PDCAサイクル

 

 

Phone 皆様の声

takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ