MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

企業理念

  • 2016.08.10
  • カテゴリ: 経営|Management

企業の目的は、「顧客の創造」であると、マネジメントで著名な、P・F・ドラッカーが、その著書の中で明言されております。

 

マネジメントあるいは経営とは、その経営資源を活用することで「顧客を創造」することで、企業を継続的に成長させることなのだと捉えております。

 

顧客の創造

▲抜粋:マネジメント 基本と原理 P.16 P・F・ドラッカー著

 

 

企業は、一つ間違えば烏合の衆ともなる、個人の集合体である組織です。

 

その企業が、その目的を達成する上で、「あるべき姿」を示す根本的な考え、原理原則を共有することは重要となります。

 

我が信条最も有名なのが、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の「我が信条(Our Credo)」だと思います。

 

この文書は顧客、社員、地域社会、そして、株主という四つのステークホルダー(利害関係者)に対する責任を具体的に明示したものです。(原文を見る)

 

1943年に起草されて以来、経営陣、現場の社員の誰もが、様々な岐路に立たされた際に、一貫して行動の拠り処とされていると言います。

 

特に、タイレノール事件(1982年・1986年)の際のときのジョンソン・エンド・ジョンソンの対応は、現在の「CSR(企業の社会的責任)」「BCP(事業継続計画)」の好事例として様々なところで取り上げられています。

 

企業の「あるべき姿」への道しるべが「企業理念」です。

 

従業員ベンカンの企業理念もまた、その様な想いで定められています。

 

スローガン

知恵と勇気を持って 変化にチャレンジしよう!

私たちは おかれた環境の変化を意識して、それに立ち向かうために自らも変化します。

 

ミッション

現在だけでなく未来を考えた 配管の開発と供給を通して信頼ある ライフラインの構築をご提案します

 

所属する一人一人が、企業理念から決してブレることのない様に、それを常に短期記憶に留めて取り組んで参ります。

 

決して、企業理念からブレることなく、かつ、決して現状のまま維持するのではなく、新しい切り口にチャレンジして参ります。

 

Phone 皆様の声
takehiko wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ