MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

組織の三要素

  • 2018.09.03
  • カテゴリ: 経営|Management

|組織の意義

 

人が一人で成せる事には限界がある故に、組織の存在意義が高まります。

 

よく組織と比較されるのが集団です。

その違いですが、共有の目的を持って集まった組織に対して、集団は目的を持たないか、目的が共有されない烏合の衆となります。

 

目的が存在する以上、組織にとって、その目的を果たすことが使命となります。

そのために、組織では、互いに円滑なコミュニケーションを取り、協力し合おうとする意志が欠かせません。

 

仮に、このコミュニケーションが取れていないと、そもそも共有されていた目的にギャップが生じたり、互いの業務や権限のコンフリクト(軋轢、対立)を起こしたりしてしまい、組織は崩壊してしまいかねません。

 

 

|組織の条件

 

経済学者であり、自ら約20年間、電話会社を率いたC.I.バーナードは、著書「経営者の役割」の中で、組織をシステムとして定義し、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステム」としました。

そして、その成立のための条件として「組織の三要素」を示しております。

 

1.組織目的

参画する個々が、目的を共有していること。

 

2.貢献意欲

参画する個々が、組織の目的を達成するために、貢献しようとする意欲を持つこと。

 

3.情報共有

参画する個々が、目的は当然ながら、常に適正な情報を共有すべくコミュニケーションがとれること。

 

また、マネジメントの経営学者のP.F.ドラッガーは、著書の中で、組織としての最小限持たなければならない条件として、明快さ、経済性、方向付けの容易さ、理解の容易さ、意思決定の容易さ、安定性と適応性、永続性と新陳代謝を示されています。

特に「組織の三要素」に付け加えるのであれば、明快や容易ということがが多用されている通り、組織は、「意識的に調整された2人またはそれ以上の人々の活動や諸力のシステム」である以上、ミスコミュニケーションによる弊害を避ける意味でも、シンプルな存在であることが求められているように思えます。

 

コミュニケーション

 

|マネジメントとの関係

 

マネジメントの経営学者のP.F.ドラッガーは、著書の中で、「組織が機能するには、マネジメントが成果をあげなければならない。組織がなければマネジメントもない。マネジメントがなければ組織もない。」と示しています。

つまり、組織は、組織で共有する目的を達成するために存在する手段であり機能であると言うことです。

 

そして、その機能の中核がマネジメントとなります。

ドラッガーが示す「マネジメントとは、人にかかわるものである。その機能は人が恊働して成果を上げることを可能とし、強みを発揮させ、弱みを無意味なものにすることである。」は、バードナーの組織の三要素に通じるものだと、あらためて思います。

 

 

マネジメント

 

Phone 皆様の声

Takehiko Wagatsuma


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ