MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

メカニカルジョイント 継手間最小寸法

  • 2016.10.02
  • カテゴリ: 施工|Construction

継手間寸法BK1ピットやシャフトなどの隠ぺい部内などの限られたスペースに納めなければならない配管において、配管継手の寸法基準の把握は非常に重要となります。

 

ベンカンのステンレス配管の場合は、メカニカルジョイントの[継手間最小寸法(L1)]が一つの指針となります。

 

[継手間最小寸法(L1)]とは、左図(例:BKジョイント)の通り、継手端部と継手端部間の最小寸法を意味します。

 

継手間最小寸法を知ることで、継手と継手の間に使用する[パイプ長さ(L2)]を把握できるため施工段取りがスムーズになります。

 

継手間寸法BK2この図面上の黄色の部分がパイプ部分となります。

 

[パイプ長さ(L2)]とは、[継手間最小寸法(L1)]に継手の[差し込み基準値(S)]を足したものとなります。

 

この各寸法ですが、メカニカルジョイントによって異なってきますので、それぞれの各寸法(単位:mm)をご案内いたします。

 

1.BKジョイント(拡管式継手)

BKジョイント(横長)

BK

 

2.ダブルプレス(セーフティー機能付プレス式継手)

ダブルプレス(横長)

ダブル

 

3.EGジョイント(ワンタッチ式継手)

EGジョイント(横長)
EG

 

尚、この[継手間最小寸法(L1)]を守らないまま施工しますと、正規の継手性能を発揮できない場合もありますので、施工の際は厳守していただきます。

 

また、エルボ返しの際に配管間寸法をコンパクトに抑えたい場合には、モルコジョイント、ダブルプレスであれば、[片ソケット90°エルボ(90SE)]、BKジョイントであれば、[片ソケット90°エルボ(K90SE)]あるいは、[袋ナット付短管(KFP)]のご利用をご検討下さい。

 

BK 90SE③ BK 90SE②

BKジョイント[片ソケット90°エルボ(K90SE)]

 

詳しくは、お気軽にベンカンの営業窓口までお問い合わせください。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

 

ステンレス配管のベンカン   皆様の声


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ