MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

施工上の注意(拡管式工法)

  • 2015.10.15
  • カテゴリ: 施工|Construction

BKジョイント(横長)ベンカンのメカニカルジョイントの接合工法は、「プレス式」、「拡管式」、「ワンタッチ式」の3工法に分類されます。

各工法、それぞれに異なる特徴を持ち合わせていますので、施工上の注意点も違ったものになります。

最近の事例をご紹介させていただきながら、「拡管式」の施工上の注意を促させていただきます。

 

対象の製品は、一般配管用ステンレス鋼鋼管(JIS G 3448)対応の「BKジョイント」となります。

 

 

まず、施工マニュアルの冒頭に記載してある4大注意事項を守って下さい。

 

1

① 拡管前に袋ナットを忘れずに管へセットする

 

② パイプの拡管部を正しく加工する

 

③ 袋ナットを正規の位置まで締め付ける

 

④ ゴムリングに傷を付けない

 

拡管式工法のシール性能は、袋ナットを締め付けることで、継手内部に装着されたゴムリングを圧縮することで生み出されます。

 

故に、ゴムリング自体に傷をつけたり、袋ナットの締め忘れや不足などがあれば、正規のシール性能が発揮できなくなってしまいます。

実際の現場で見られた、施工の不適合事例です。

チーズの母管側の袋ナットが締付不足状態で、黄色の確認リングが目視できます。

 

BK締不足

袋ナットと継手本体との隙間代を測定すると 1.5mmです。(画像左)

 

その袋ナットを正規の状態まで、3/4回転増し締めすると、隙間代は、 0.5mmとなりました。(画像右)

 

袋ナットの締め込みの不足は、ゴムリングの圧縮が不足となりシール性が損なわれるばかりではなく、振動などによって、さらに袋ナットの緩みが大きくなる可能性もあります。

また、4大注意事項には掲げておりませんが、異物の噛み込みによる不適合事例もあります。

事例では、ゴムリングを外してみるとコンクリート片と思われる細かい異物が付着していることが確認できました。

現場内では、埃やコンクリート片など異物になり得るものが多数あります。

その様な異物を噛み込んだ状態で袋ナットを締め付けると、シール性を損なう原因となっていまいます。

 

4

製品は、密閉された梱包がされておりますので、できる限り使用の直前に開封していただくことと、施工の際に異物が付着していないことを確認していただくことを徹底して下さい。

 

その他、管理状態によっては、稀にゴムリングが定位置から外れてしまう場合もありますので、施工前には、必ず、継手内、特にゴムリングの状態を確認することを徹底していただけます様お願いさせていただいております。

 

尚、ここでご紹介した施工上の注意は、あくまでも事例を元とした一部でしか過ぎません。

実際には、必ず、弊社による施工説明会を受講していただき、それに則った施工をしていただくことをお願いいたします。

 

今後も、より良い製品づくりと、正しいお取り扱いを促せていただくためのご説明に努めさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。

 

mitsuaki motoida


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ