MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

ロジスティクス

  • 2017.05.20
  • カテゴリ: 経営|Management
バリューチェーン

▲ベンカンの「パリューチェーン」モデル

|バリューチェーン

 

ベンカンでは、「事業価値の拡大」を推進する上で、「バリューチェーン」の最適化に取り組んでおります。

 

バリューチェーン」とは、企業の事業活動を構成する個々の価値(Value)を最適な形で連鎖(Chain)させることで、その全体最適化と更なる価値の向上を目指すことになろうかと思います。

 

また、その過程で、最近は、「ロジスティクス」というキーワードを良く耳にするようになりました。

 

 

|ロジスティクス

 

倉庫「ロジスティクス(logistics)」ですが、事業価値を拡大すべく、多角化の一環で運送業や倉庫業の企業が中心に掲げられているケースが多いようです。

 

そのためか、一般的には、「物流」と解釈される傾向が多いように伺えます。

 

しかし、その意味合いは、違わずとも根本は、大きく異なるのかと思います。

 

物流とは、一般の企業活動の中で、製品を生産したり、販売したり、保管したりする過程において発生する、「輸送機能」「保管機能」「荷役機能」などのことを指します。

 

他にも「包装」や「情報機能」や「流通加工機能」も含めた総称を指します。

 

兵站対して「ロジスティクス」は、もともと軍事用語で、その場合は、日本であれば、兵站(へいたん)となります。

 

作戦計画に従って兵士や兵器あるいは食料などを確保、管理し、補給するまでの全ての活動であり、「最前線」で戦闘に従事する前方業務に対して、後方業務または後方支援と呼ばれる業務領域を指します。

 

戦争ともなれば数万人という兵隊が移動し、その食糧はもちろんのこと、武器や燃料などの物資を滞りなく戦場に運搬しなければなりません。

 

兵士だけを「最前線」に送り込んでも戦場と言う場であっては、その意味を成しません。

 

「ロジスティクス」が機能しないと戦局へも影響を及ぼすため、とても重要な取り組みである訳です。

 

 

|ベンカンの最前線

 

発送従来、ベンカンの物流は、「必要なモノを、必要な時に、必要なだけ供給する。」ことでした。

 

その中の改善と言えば、例えば、「ご注文いただいた製品を在庫から選び出すピッキング作業時間を短縮するために、出筋商品を考慮した棚のレイアウト変更をする。」とか、「梱包の作業時間を増やすために、製品を持ち運ぶ手間を省く機械のレイアウトを変更をする。」などでした。

 

もちろん、これらの取り組みは大切なことであることは間違いありません。

 

しかしながら、この様な取り組みは、あくまでも物流レベルなのだと考えます。

 

ベンカンが目指すべき「ロジスティクス」は、「バリューチェーン」の一環であることが前提です。

 

つまり、製品となる以前である製造工程や材料の調達から始まっており、調達物流、製造物流、販売物流など様々な物流を一元管理することなのだと捉えております。

 

さらに、「ロジスティクス」で捉えた場合、ベンカンにとっての最前線は、工事現場となります。

 

それを具体化させたのが、メカニカルジョイント専用工具類をリースする体制です。

 

ベンカンのメカニカルジョイントの多くは、専用工具を使用して接合します。

 

VA提案「配管の接合時間比較」

 

発送つまり、作業者とメカニカルジョイントだけでは、専用工具が現場に届かない限り施工はできないことになります。

 

従来、専用工具は、販売するか特約代理店からのリースに委ねておりました。

 

しかし、現在では、MJ工場内に「工具センター」を設置して、専用工具のリース工具を確保し、その保守・管理を担っております。

 

今後もベンカンでは、「バリューチェーン」を意識した「ロジスティクス」を駆使すことで、各部門間の連携を強化することで、「ロジスティクス」を「あるべき姿」と捉え、「お客様」にご満足いただける企業価値をご提供できるよう取り組んで参ります。

 

 

Phone 皆様の声

yoshinori uchida


最近の投稿

カテゴリ

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ