MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

ダブルプレス

[画像]ダブルジョイント

一般配管用ステンレス鋼鋼管対応継手 ―セーフティー機能付きプレス式継手―

製品概要

[画像]ダブルジョイントイメージ

ダブルプレスジョイントは、大型建築及び工場のステンレス配管をターゲットに開発したセーフティー機能付のプレス式メカニカルジョイントであり、1991年から発売開始している実績のある製品です。

近年では、首都圏や都市部を中心に官公庁舎、病院、ホテル、福祉施設、インテリジェントビル、ショッピングセンターなどの大型施設の建築が増えています。

また、工期の短縮化の傾向も高まっており、現場における配管施工スピード、均一性、そしてその管理面で優れた継手が求められています。

ダブルプレスは、メカニカルジョイントの特長であるスピード、均一性を活かしつつ、塩化ビニルライニング鋼管と匹敵するリーズナブルコストを実現することが可能です。また、最大の特長であるセーフティー機能は、差し込み不足、プレス忘れによる不適合施工を未然に防ぎます。

構造

オールステンレス鋼製(SUS304、SUS316)の継手本体の端に設けられたカール部に、耐熱性ゴムリング(ブチルゴム・IIR)が装着されています。 接合するパイプを適正位置まで差し込んで、専用締付工具でプレスすることで、均一かつ十分な強度と水密保持効果が得られます。

[画像]ダブルプレスジョイントの締め付け工程

[画像]ダブルプレス構造イメージ

特長

オールステンレス鋼製の本体の端にシール材が装着されており、SUパイプ(JIS G 3448)を差し込んで専用締付工具でプレスすることで接合が完了します。 また、従来工法(ねじ込みやハンダ付工法)と比べて、施工時間が一箇所当り20%削減することができます。

  • 当社社内検証結果による

また、差し込み不足をバックアップするセーフティーエッジとプレス忘れをバックアップするセーフティー凹凸リングを装備することによって、主に大型現場で求められる施工管理機能を高めております。

配管の水圧試験による漏れ確認は、目視はまたは、手で触れるなどして行ってください。

セーフティーエッジ  差し込み不足をバックアップ

ダブルプレスの特長でもあるエッジは、パイプの差し込み不足があっても、水圧試験で漏水しない位置であれば充分な性能(SAS322)を有します。また、施工不適合位置までしか差し込まれていない場合には、保温工事及び埋め戻し前の水圧試験で漏水を起こし、異常が発見できます。

 

  • パイプの差し込み不足があってもシール材外側のエッジ効果で、水圧試験でリークしない限り、充分な引抜阻止性能(SAS322規格)を有します。

 

[画像]ダブルプレス構造イメージ

セーフティー凹凸リング  プレス忘れをバックアップ

ダブルプレスが採用する凹凸リングは、プレス作業をし忘れた不適合施工に対しても、保温工事及び埋め戻し前の水圧試験時に漏れを起こし、異常が発見できます。

  • 水圧試験は保温工事及び埋め戻し前に行い、目視又は手で触れるなどして漏れをご確認ください。

凹凸リングの耐熱寿命推定

凹凸リングは、耐熱性ブチルゴム(IIR)で最高使用温度80℃未満となります。耐熱寿命評価法としては、T.W.Dakinの反応速度論から出発し、Arrheniusの反応速度式を基にした促進劣化法が、ある程度、妥当性のある方法として広く用いられています。

2.303 log K=-E/RT+C
K:反応速度定数
E:活性化エネルギー
R:ガス定数
T:絶対温度

上式において、ゴムの劣化反応は一次反応とみなすことができ、K値は圧縮永久歪率50%の値を寿命判定の特性値にとって安全率を2とすると、右図の、耐用年数が導かれます。

[チャート]耐熱寿命推定図
  • ここで導かれた耐用年数は、実験上の推定値であり、実配管での寿命を保証するものではありません。

[画像]凹凸リング概略図・ダブルプレス管接合部構造

適用範囲

適用管種
一般配管用ステンレス鋼鋼管(JIS G 3448)、水道用ステンレス鋼鋼管(JWWA G 115)。
用途
給水、給湯、冷温水、冷却水、その他流体
  • 蒸気配管(往・還)には使用できません。圧縮空気、オゾン、不活性ガス、純水、不凍液、植物油につきましては使用圧力、使用温度など条件が異なりますので営業窓口までお問い合わせください。
最高使用圧力
2.0MPa(20.4kgf/㎤)
最高使用温度
80℃未満
適用水質基準
水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水道基準に関する省令で規定する水質基準」に適合することが必要です。ダブルプレスの使用を検討していただく上で、「水道基準に関する省令で規定する水質基準」を満たしていれば給水配管への使用が可能です。加えて、以下の項目に該当する場合のご使用検討時は、必ず営業窓口までご相談ください。
  1. 給水配管:「水道基準に関する省令で規定する水質基準」を満たし ていない場合
  2. 給湯配管:「水道基準に関する省令で規定する水質基準」に加え、 下の「社内水質基準」を満たしていない場合
  3. 蒸気還管あるいは、高温水配管(80℃以上)でのご使用の場合
社内水質基準
水質成分社内水質基準値
塩化物イオン 25mg/L 以下
硫酸イオン 30mg/L 以下
硬度 80mg/L 以下
電気伝導度 250μS/cm 以下
鉄及びその化合物 鉄の量に関して0.05mg/L 以下
pH値 7.0 以上

施工例

写真をクリックすると拡大します。

規格・認定

  • ステンレス協会規格認定番号SAS32204「一般配管用ステンレス鋼鋼管の管継手性能基準」
  • 日本水道協会品質認証センター認証番号 G-253
  • 国土交通省「公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編)」掲載
  • 国土交通省「公共住宅建設工事共通仕様書」掲載
  • 文部科学省「機械設備工事標準仕様書付属資料」掲載
  • 厚生労働省「機械設備工事標準仕様書」掲載
  • 郵政事業庁「設備工事標準仕様書」掲載
  • 防衛施設庁「機械設備工事標準仕様書」掲載
  • ステンレス協会規格書のリンクはこちら

施工要領

簡易的なご紹介となりますので、詳しい施工手順は、施工マニュアルをご確認ください。
施工前に、必ずベンカンスタッフによる施工講習会を開催させていただきますので、ご用命ください。

 

STEP1 WP切断
パイプをロータリーカッターなどの切断機を使用して切断します。
[画像]BKジョイント施工要領1

arrow

STEP2 WPバリ取り
パイプの切断面のバリをリーマーやヤスリで除去します。
[画像]BKジョイント施工要領2

arrow

STEP3 WPラインマーク
専用のラインマーカーで、差し込み代をマーキング(けがき)します。
[画像]BKジョイント施工要領3

arrow

STEP4 WP差し込み代確認
継手に装着されたゴムリングを傷付けないようにパイプを差し込みます。
[画像]BKジョイント施工要領4

arrow

STEP5 WPプレス作業図面、WPプレス作業
ベンカン認定の専用締付工具で指定箇所をプレスします。
[画像]BKジョイント施工要領5

arrow

STEP6

WPゲージ確認
六角ゲージで正しくプレスされているのかフレア部とセーフティーエッジ部の2箇所を確認します。

専用締付工具の不適合を確認する意味でも必ず実施してください。

ベンカンが認定していない類似他社締付工具でダブルプレスをプレス接合すると、不適合の発生につながりますので、決して使用しないでください。

専用締付工具

BPD-08型

小径対応(13Su・20Su・25Su)コード式

[画像]専用締付工具:BPD-08型

BPD-15R型

小径対応(13Su・20Su・25Su)充電式

[画像]専用締付工具:BPD-15R型

BPD-11型

大径対応(30Su・40Su・50Su・60Su)コード式

[画像]専用締付工具:BPD-11型

その他の専用工具類については、こちらをご参照ください。

その他関連製品

  • 改修工事で工具不要の継手はこちら!

  • 拡管式継手をご要望の方はこちら!

Facebook_un 札幌 大阪 福岡 仙台 MJ工場(群馬) 東京 名古屋 海外営業課 BV1工場(ベトナム)

facebook

ベンカンは、画一的な情報ではなく、地域や役割に合ったローカライズ情報の発信を目指し、各拠点毎にFacebookを運営しております。

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ