MENU

  • Facebook
  • Twitter

JPジョイント

[画像]JPジョイント

架橋ポリエチレン管・ポリブテン管対応-プレス式継手

製品概要

[画像]JPジョイントイメージ

Jpジョイントは、樹脂管と総称される架橋ポリエチレン管、ポリブテン管に対応するメカニカルジョイントです。

Jpジョイント(プレス式継手)は、スウェーデンおよびドイツで開発され、世界数十カ国に普及したグローバルシステムです。

そもそも、樹脂管が開発されたヨーロッパでは、主流の接合方式となっております。
現状、国内における樹脂管の接合方式は、ナット締式かワンタッチ式となっておりますが、止水性が不安であったり、高額であることが懸念されております。

Jpジョイントは、本場ヨーロッパで培われた実績と専用締付工具による高い止水性、そしてステンレス性でありながら圧倒的なコストメリットを出すことが可能です。
現在、公共住宅、マンションやリニューアル工事を中心に給水、給湯で数多くご採用いただいております。

構造

[画像]JPジョイント構造図

オールステンレス鋼製(SUS304の継手本体の端に設けられたカール部に、耐熱性ブチルゴム(IIR)が装着されています。また、引き抜け強度を高めるためにインコアが装着されております。

パイプ(適用管)を継手本体の適正位置まで差し込み、専用締付工具でプレスすることで、均一かつ充分な強度と水密保持効果が得られます。

特長

オールステンレス鋼製(SUS304の継手本体の端に設けられたカール部に、耐熱性ブチルゴム(IIR)が装着されています。また、引き抜け強度を高めるためにインコアが装着されております。

パイプ(適用管)の管端にインコアを挿入して、継手本体の適正位置まで差し込み、専用締付工具でプレスすることで、均一かつ充分な強度と水密保持効果が得られます。

適用範囲

適用管種
以下の適用パイプの10径・13径・16径に対応します。
  • 架橋ポリエチレン管 JIS K6769 PN15XM種
  • 水道用架橋ポリエチレン管 JIS K6787 XM種
  • ポリブテン管 JIS K6778 J種
  • 水道用ポリブテン管 JIS K6792 J種
用途
給水、給湯、冷温水、冷却水、その他流体
  • 蒸気配管(往・還)には使用できません。
最高使用圧力
1.5MPa(15.3kgf/㎤)
最高使用温度
80℃未満
  • 樹脂管の使用温度はJIS規格により定められております。

施工例

写真をクリックすると拡大します。

施工要領

簡易的なご紹介となりますので、詳しい施工手順は、施工マニュアルをご確認ください。
施工前に、必ずベンカンスタッフによる施工講習会を開催させていただきますので、ご用命ください。

STEP1 部材準備と点検
 
[画像]JPジョイント施工要領1

arrow

STEP2 パイプ切断
パイプを樹脂管専用のロータリーカッター(推奨:TC105PE)を使用して、直角に切断します。
[画像]JPジョイント施工要領2

arrow

STEP3 差し込み代のマーキング
 
[画像]JPジョイント施工要領4

arrow

STEP4 パイプの差し込み
継手に装着されたゴムリングを傷付けないようにパイプを差し込みます。
[画像]JPジョイント施工要領5

arrow

STEP5 プレス作業
ベンカン認定の専用締付工具で指定箇所をプレスします。
[画像]JPジョイント施工要領6

arrow

STEP6 接合完了の確認
 
[画像]JPジョイント施工要領7

ベンカンが認定していない類似他社締付工具でJpジョイントをプレス接合すると、不適合の発生につながりますので、決して使用しないでください。

専用締付工具

BPD-08型

小径対応(10径、13径、16径)コード式

[画像]専用締付工具:BPD-08型

BPD-15R型

小径対応(10径、13径、16径)充電式

[画像]専用締付工具:BPD-15R型

BPD-10R型

小径対応(10径、13径、16径)挟込・充電式

[画像]専用締付工具:BPD-10R型

その他の専用工具類については、こちらをご参照ください。

Facebook_un 札幌 大阪 福岡 仙台 MJ工場(群馬) 東京 名古屋 海外営業課 BV1工場(ベトナム)

facebook

ベンカンは、画一的な情報ではなく、地域や役割に合ったローカライズ情報の発信を目指し、各拠点毎にFacebookを運営しております。

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ