MENU

  • Facebook
  • Twitter

コラム

欲求を満たす価値(音楽)

  • 2017.08.03

人間の欲求とは、5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を抱くとされるのが、「マズローの欲求5段階説」です。

 

そもそも欲求とは何かです。

 

ushizaka2

例えば、ベンカンの従業員は、それぞれ様々な趣味を持っています。

なかでも「音楽」を趣味とする従業員が多いため、良く、音楽の話も耳にします。

すると同じ趣味の「音楽」でありながら、それぞれが異なった価値観で音楽に欲求を抱いていることが興味深く感じました。

 

 

札幌営業所の牛坂にとっては、「人生」そのものとされているようです。

 

「私にとって音楽とは、人生になくてはならないものです。

演奏者として決して上手い部類ではありませんが、「心」をこめた演奏は言葉がなくとも音楽で心を通わせられる、感動させられることができる自己表現のひとつと思っています。

また、聴き手としては癒しや勇気、人生に彩りを与えてくれるなくなはならないものです。」

 

 

庄子②仙台営業所の庄子にとっては、「自己表現」の場です。

 

自分にとって音楽は聴くものではなく弾くもの、あるいは作るものです。

バンド活動ともなると自分のパートを深夜まで掛ってコピーしたりします。

正直、時として苦痛ではありますが、他のパートと合わせた時の臨場感と満足感は最高です。

しかし、これも仕事があるからこそ楽しめることであり、オン・オフの切り替えが大切だと実感しています。」

 

 

技術課の佐藤にとっては、人との「出会い」の場と言うことです。

 

3「中学で吹奏楽と出会う前、とても社交性が低い私でした。

しかし、楽曲の基礎部分を担う打楽器を担当した私は、その責任と仲間と共に音楽を組み立てて行く楽しさに魅せられました。

それ以降も、地元の吹奏楽団やオーケストラ、そしてバンドなどで活動を続ける中で、多くの素晴らしい方々と出逢い、刺激を受けてきました。

振り返れば妻も音楽を通じて知り合い、現在は、子供達も音楽に取り組んでいる音楽一家となりました。

音楽は、より広くそして深く人と出会い、充実した時間を共有するための重要なツールであり、大切な場となっています。」

 

 

技術課の大川にとっては、生活になくてはならないものです。

 

「音楽はこれまでの私の生活の中で大きなウェイトを占めています。

これまでに生み出されてきた音楽を楽しむリスナーとして、バンドで音楽を演奏するベースプレイヤーとして、そして音を造っていくエンジニアとして、どこに重きを置くという訳でもなく、いずれも私にとって大切な音楽との関わり方です。」

 

大川音楽は聴くだけの私ですが、この大川のエンジニアとしての関わりとは何かが気になり質問してみました。

特に大川は、技術課の所属ですので、何やらつながりがあるのかと思えたからです。

 

「確かに、音楽人口が多い中で、プレーヤーと比べたら地味で、エンジニアとして関わっている人は珍しいかもしれません。

しかし、プレーヤーとして、ベストを目指して奏でた音も、結局は、エンジニアの音響機器をコントロールする技術にかかっています。

私はそこに強く興味を魅かれましたし、演奏と同じくらいの労力も必要としますが、同じくらい楽しい工程でもあります。」

 

 

 

自己実現論なるほど、みんな趣味とは言いつつも、どこかで知らず知らずのうちに仕事と関連づけているのかもしれません。

 

「マズローの欲求5段階説」で捉えた場合、それぞれにとっての「音楽」は、どの様な欲求の階層なのでしょうか・・・

それぞれが、異なる価値観で接しているようですが、実は、誰もが自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなどの「自己実現欲求」の機会なのかと思います。

 

そして、その欲求が満たされると、更なる欲求に駆られる・・・つまり、欲求とは、人間が成長する上で欠かせない価値観なのでしょう。

従業員には、仕事とは違った欲求を満たす場である趣味の世界を大切にしていただきたいですし、仲間として尊重して上げたいですね。

 

 

t-wagatsuma

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 最高執行責任者(COO) 兼 執行本部 本部長

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ