MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

農場の法則

  • 2017.05.08

B8512371-35F7-473F-A698-265014C7201F-19984-000012CD18080608ボクシングの村田 諒太選手が、2012年のロンドンオリンピックで金メダルを獲った際に紹介されていた「言葉」が心に残っています。

 

そもそも、ボクシングのミドル級は、世界的に最も層の厚い階級であり、パワー、スピード、リーチなどを考えても日本人には金メダルが取れないと言われていた階級だったらしいです。

 

それでも、諦めずに努力し続けることができた支えの言葉が恩師に掛けてもらった「言葉」なのだそうです。

 

おそらく、ボクシングつながりで漫画の「はじめの一歩」に出てきた言葉だと思います。

 

 

「努力した者がすべて報われるとは限らない。しかし、成功したものは皆、すべからく努力している。」

 

 

村田選手は、正にこの「言葉」を「やり抜く力(GRIT)」に、ブリック・ウォールを破ったのではないかと思えました。

 

組織論「場をつくる」

 

AAA886FD-856D-48B3-866C-60A5512A8E59-19984-000012CDB868648Fこれは、有名な書籍である「7つの習慣」に出てくる「農場の法則」に通じます。

 

農場には、即効性のある解決策など存在しません。

 

種を蒔き、 肥料を与え、水をやり、成長を支え、そして収穫するのです。

 

つまり、種を蒔かずして、決して収穫することはできません。

 

さらに、どんなに努力したからと言って、台風などの不可抗力により、収穫が叶わない可能性だってあります。

 

 

7つの習慣この「蒔いたものしか収穫できない」と言う「農場の法則」は、人間が成長するためのプロセスとして存在する、ある意味、原理原則なのだと思います。

 

成長するための行動とは、安全が担保されてからでは遅すぎます。

 

と言うより、安全が担保されるのを待っていたら、一生、行動できぬまま終わってしまうかもしれません。

 

 

あれこれと行動しない言い訳をしていないで、若干のリスクを背負いながらもリーンスタートアップすることが大切です。

 

リーンスタートアップ

 

すべきことを尽くしたにも関わらず、成果につながらず、落ち込む時もあります。

 

しかし、「農場の法則」を思い起こすことで、新たな「やり抜く力(GRIT)」になります。

 

そして、一度や二度の失敗で簡単に諦めることなく、継続的に目標達成に近づける努力することを怠ってはならないと、あらためることができます。

 

 

 

t-wagatsuma

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役 執行本部 本部長 兼 最高執行責任者(COO)

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ